So-net無料ブログ作成
検索選択

キャスキッドソン&ミッキー [ひとりごと]

1480830475881.jpg持ち物などにこだわりのない私にしては珍しく、一目惚れした”オーバーナイトバッグ”です。

オーバーナイトというものの、1泊以上でも十分荷物が収まりそうな大きさ。

折りたたんでポーチに収納できるのですが、そのポーチ・・・バッグを使うときには、ポーチとして使うのはもちろん、バッグの内側にボタンでとめてポケットにもできるんです。
それに、生地も軽いのにちゃんと裏側が防水加工してあります。

限定品で(限定品とか期間限定に弱い私・・・)お値段もお手頃8900円(税別)・・・というので、ソッコーお買い上げ決定でした。

ロンドンの有名な建物と、アメリカ生のミッキーの組み合わせ・・・なかなか楽しいですね。

バッグ使うのに、どこかにお泊りしたいです~。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「嵐になるまで待って」 [キャラメルボックス]

この作品は私がキャラメルを観るようになってからでも3回目の再演なので、おっかーさん、細見さん、鍛治本くんと3人の波多野を見たわけなのですが、先の2人に比べると明らかに好青年のイメージの強い鍛治本くんの波多野・・・。
正直「どうなの?」な感じだったのですが・・・見終わってみると「アリ」でした。

おっかーさんも細見さんも、いい人の皮をかぶっていても隠しきれない狂気のオーラが滲んでいたように感じたのですが、鍛治本くんのはホントに普通なんだけど、お姉さんのことになって見境がなくなると力を使ってしまうって感じに見えたのです。

だから、雪絵を守るために・・・という想いが、自分の意志とは関係なく二つ目の声で人を操ってしまうという形になってしまったように見えて、設定にすごくリアリティを感じました。

先の2人が、力を使っていい人を演じているのに対して、鍛治本くんの波多野はいい人なんだけど、キレちゃうとヤバイよ?コントロール利かないよ?みたいな。

ラストで雪絵と対峙するシーンで、雪絵が現れたときの波多野の眼差しが、怯えたように見えました。

自分では雪絵を守っているつもりだったのに・・・雪絵がやってきたといことは・・・。
もしかして自分は間違っていたのか?
お姉さんに叱られる!

なんとなく、姉1人弟1人のリアルな弟の気質ってこんな感じだと思うのです。

姉を傷つけようとする相手を”倒し”て、後ろのお姉さんを振り返って「これでいいよね?」と都度確認してる。
姉も、そうやって自分を守ってくれる弟は、弟であるのだけど男性の理想であったりする。

3作品の中で一番激しくないと思うのですが、今回の作品では今まで感じなかった”弟と姉”の関係とすごく感じて、それだけにすごくジンワリきました。

私の中で、波多野がただのヒール(悪役)でなくなった作品になりました。

そして・・・ここのところ、キャラメルを見ても感想を書く気がしなかったりしたのが、久しぶりに書きたい!と思えた作品でもありました。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

「君の名は。」 [映画・お芝居・DVD・コンサート]

遅ればせながら見てまいりました。

すごく話題になっていても、全く興味がわかなかったのですが、夕方のニュースのコーナーとかで取り上げていたので、ポカっと予定が空いた日があって行っておこう・・・かと。

公開からしばらくしたときに「この映画の設定などをツッコミたくなる人には楽しめない」みたいな感じ記事を何かで読んで、このところキャラメルのファンタジーの世界を、どこか楽しめていない私にはこの映画楽しめないだろうなぁ・・・という気持ちがあったのですが、新海監督の「シンプルに”ボーイミーツガール”な物語を作った」という感じのインタビューを見て「それならホントに楽しめないか確認してみよう」と。

結果・・・面白かったです。

ストーリー・・・こう来るか!

途中、感動的で切なくて泣けてくるシーンが押し寄せるんだけど、そのまま怒涛のようにたたみかけず、ラストはごく平凡な日常を生きる主人公たちを描いているのが、いい感じです。

究極の赤い糸ですね。
もしかしたら・・・自分たちの出会いにも覚えていないドラマチックなストーリーがあるのかも?なんて。

それにしても・・・瀧くんって、苗字じゃなかったんですね。
エンドロール見るまで気付かなかった私です。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

パリの少女? [ひとりごと]

最後の化学療法から約1年2か月。

前回は無理やり伸ばして大変だったから、今回は無理なく伸ばそう・・・と思って、長さよりもそのときの髪の状況に合わせてカットすることを優先してきたのですが、どうしても伸びてくれないとどうにもならない部分があって、今そこと格闘してる感じです。

具体的には、襟足と耳の上。
襟足は、ある程度の長さにならないと、上に向いて生えてる髪が下に向かない・・・。
そして、耳の上は上から伸びてきた髪がうねってあり得ない方向にハネるのですが、ここもやはり長さがないと落ち着かない。

辛抱して伸ばしていたものの、ハネ方が豪快過ぎてドライヤーでセットしても少しでも汗をかくと、すごい髪形になり「このほったらかし感って大人としてどうなんだろう」

・・・で、我慢できずに美容院へ行ったのですが、25年のおつきあいな美容師さんいわく「ここは踏ん張りどころです」だとか。
少し伸びたら、それより少し切って・・・を繰り返していくしかないのだとか。

しかも・・・「以前に比べて、うねりが出てきてるから、伸ばすのもちょっと大変かも」なんですって。

年をとると、くせ毛がストレートになることはないけど、くせ毛になることはよくあるのだとか。

「いいじゃないですか。ゆる~いくせっ毛・・・かわいいですよ」
鏡を手に後ろを映しながら

「ほら・・・パリの少女のようですよ!!」

パリ・・・少女・・・。

「ほほぅ・・・とりあえず、パリっぽいっていうと、おしゃれに聞こえるよね」
「いや・・・ほら、ホントにパリの少女みたいですよ!!」

・・・もういいよ。
うん・・・後姿はパリの少女ってことにしときましょう。
さすがに、パリのマダムって言われる方がよりウソ臭いもんね。

・・・ってことで、後ろ髪のくせっ毛具合がパリの少女らしいです。



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ビーズと老眼 [ひとりごと]

1469085138425.jpg100均でキャッチの部分が透明なイヤリングのパーツを見つけたので、夏っぽいネックレスとおそろいで作ってみました。
材料費全部で500円。

でも・・・「老眼鏡使っても、やっぱり老眼にビーズはあかんわぁ」

2~3年前にキットのを作ったときに「老眼にビーズはキツイなぁ」と気づいたのに、なぜか「もしかしたら大丈夫かも?」と思ってしまうんですよね。

また2~3年したら忘れて作っちゃうんだろうなぁ。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

100均時計をデコってみました [ひとりごと]

1468741725985.jpgトイレに置いてた100均時計が、電池を入れ替えても動かなくなってしまったので、100均で新しいものを買ってきました。

前は買ってきてそのまま使ってたんですが「もしかしたら、デコったらかわいいかも」と思いついたので、100均のガラスタイルを貼ってみたんですが・・・。

なかなかかわいいと思いませんか?
これで200円ですよぉ。

ちょっと手間でしたが、ちょうどタイルの大きさと同じ1cmの両面テープがあったので、1枚ずつ貼っていきました。
写ってないですが、サイドにも同じ配色で貼ってます。

1468743576341.jpg1468743555271.jpg・・・で、気を良くして少し余ったタイルで、別のとこで使ってた100均時計もデコっちゃいました。
ビフォーアフター。
これは、時計の形や残りタイルの関係で、文字盤だけ貼りましたが、これでも十分に気分一新。

ヤバい・・・クセになりそう。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

障子を張替 [ひとりごと]

1468741818986.jpg主人の実家からお仏壇を持っきて以来、ずっとずっと気になりつつ手をつけていなかった障子を、やっと張り替えました。

不思議なもので、お隣さんの窓が近くにあるために、雨戸も窓も閉めっぱなしの窓の障子の方が汚れてるのですよねぇ・・・。

濡れたタオルで障子の桟を濡らしておいて、古い障子紙を浮かせて剥がしたあと、桟にのりをつけて障子紙を貼り付けて・・・とこの作業を繰り返すこと4回・・・やっと終わると思ったら・・・なんと、障子紙が足りない事態が!!

1468741772946.jpg腰窓の障子4枚なので、180cmの高さの障子を2枚張り替えることのできるもので十分だと思っていたら、足りなかったのです。

100cm以上あるのに、サイズを測ることもなく勝手に90cmだと思いこんでいたんですよねぇ・・・。

1枚だけ貼らないわけにもいかず、慌ててホームセンターで同じものを買いに走ることに・・・。
こんなことなら、お得な4枚用買っておけばよかった。

障子を張り替えると部屋が明るくなりますよねぇ。

次はせめて、180cm2枚用では足りないことを忘れないうちに、張り替えるようにしたいです。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

6年目の検診 [乳がん・関係してそうなこと]

去年、術後丸5年経過したので、今年から検診は年1回です。

1年ぶりの間に、担当していただいたN先生が退職されて、後任の先生に診ていただくことに。

最初の先生からN先生への引継ぎでは、まだ3か月おきに診ていただいていたので、直接お聞きしてたのですが、今回は同じ病院の婦人科の先生からお聞きして知ったので、婦人科にかかっていなかったら行って「あれ?」となるとこでした。

「どんな先生かなぁ・・・まぁ、1年に1回しかお会いしない先生だからどんな先生でもいいけど~」
と少しだけ不安に思いながら診察室へ入ると・・・。

新しく担当してくださる先生は、とても明るい若い女性。

ニコニコテキパキと検査結果を説明してくださり「経過がとても良いので、もしよければ来年からは(CTと腹部エコーを省いて)マンモと乳腺エコーだけにしようと思うのですが、いかがですか?」と提案してくださいました。

来年のエコーの検査予約を入れようとしてくださるので「予約センターで自分でしますよ?」と言うと「ご協力ありがとうございます」とも。

とっても気持ちのよい先生で「この先生だったら、もし再発しちゃっても大丈夫かも」となんて思ってしまいました。

N先生と相性が悪かったわけではないのですが、もっとお話したいなぁ・・・と素直に思える印象の先生でした。
お会いできるのは来年なのが、少し残念?です。


去年、植皮した部分の色が抜けてきて追加でタトゥーを入れた形成外科も「いい感じだねぇ~」「でしょう?」

「なんかねぇ、たれ具合とかホントいい感じなんですよ」
「ホントにいい感じになってるよねぇ・・・せっかくだから写真撮らしてもらっとこうかな?」
と、記念撮影?

こちらも1年後にまた・・・ってことで。


同じ時期に受けた、婦人科の1年半の検診も異常なしで「2か月に1回から3か月に1回にしましょう」

そんなわけで、おかげさまでとても元気です。


ただ・・・婦人科の方で入院時にお知り合いになった方に、お二人ほど再発で化学療法したり・・・する・・・ってお話が耳に入ってきました。
薬が合って、治療がうまくいきますように・・・。



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

また京都で花魁写真 [おでかけ]

飲み会の席で、2月に撮った花魁写真を見た同僚が「私もやりたい」ということで、またまた行ってまいりました・・・花魁写真撮影。

今回も前回と同じ「STUDIO夢工房」さんでお世話になりましたが、同じメンバーもいたので、お店を変えて予約することに。

前回は高台寺近くの高台寺別店、今回は京都駅近くの京都駅前本店。
京都駅の方が若干大人しめ?な感じということで、私たち年寄にはちょうどいいかと・・・。

2016_06_26_2.jpgまずは、腹ごしらえ・・・三条にある豆腐料理の「豆水楼」でランチを。

予約をお願いしたタイミングがよかったのか、鴨川の見える端のお部屋へ案内いただき、雰囲気バッチリ。
どのお料理もとってもおいしくて、一番お安いお昼のお膳でしたが、お腹いっぱいになりました。

食後、表で写真を撮っていると、お忙しい中お店の方がシャッターを押してくださいました。
さすが、観光都市京都。

その後、サンロワイヤルでチョコレート菓子を購入。
予定では、食後近くを散策しよう・・・だったのですが、思ったよりも時間が押してしまい、そのまま花魁になるために京都駅へ。

b-oiran.jpg今回同じスタジオの違うお店で同じプランだったのですが、4か月の間にプランなどが変更になったのか、お店によって違うのか・・・少し違ったところがあるので、少しふれてみると。

《かんざし》
高台寺・・・私たちのお願いしたコースでは、かつらのかんざしがべっこうだけ(垂れた飾りはなし)
京都駅・・・垂れた飾りもついていた。

《つけまつげ》
高台寺・・・料金に込みで有無を言わさず使用
京都駅・・・500円でオプション

《ポージング》
高台寺・・・全員全く同じポーズ、少し露出多め?
京都駅・・・被写体によって若干ポーズなどが違い、露出もどうするか希望を聞いてくれる

《自由撮影》
高台寺・・・表の入り口前などでお店の人が撮ってくれたし、裏庭や土間?など何か所か自由に写真を撮れる場所がある
京都駅・・・スタジオが2階にあるため、待合のあるスペースに少しだけ撮影用の空間があるだけ、お店の人はお願いしたらシャッター押してくれるって感じ

《写真選び》
高台寺・・・インデックスシートとパソコンの大きな写真を見て選べる
京都駅・・・インデックスシートのみ

どっちがどっち・・・とも言い切れないでしょうが、何かこだわりがあってリピートされるなら、事前に確認しておいた方がいいかも・・・ですね。

花魁写真のあとは、京都伊勢丹のレストラン街で、京野菜のご飯をいただいて帰ってきました。
散策はできませんでしたが、目的は果たせて楽しい1日になりました。

写真・・・もちろん修整をお願いいたしました。
いや・・・誰に見せるってないですけどね。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

また逢おうと竜馬は言った [キャラメルボックス]

私が大好きな作品。
以前、キャラメルが再演して欲しい作品をアンケートしたときに、迷わず書いたぐらい好きです。
そのときは「石原くんをオカモトで男にしてあげて・・・」的なことを書いたような。
(残念ながら・・・もうそんな年でもないですね)

そのあと、畑中くんと左東くんで再演されたのを見て、今回。
オカモトを客演でお迎えする・・・ということで、私としてはあまり期待してませんでした。
いや・・・やっぱりオカモトはキャラメルの若者を育てる役でしょ?と。

私が観たのは、陳内くんオカモト、おっかーさん竜馬のブラックキャスト。

オカモトはどちらの若者でもいいけれど、1回しか見られないのでどちらか選べとなったら、やっぱりおっかーさんの竜馬となりまして(あつをさん・・・ごめんなさい)

けれど、ホワイトキャストの三津谷くんを見ていないので、比べることはできないものの、陳内くんのオカモトには大満足。

始まりと終わりで全く顔つきが違っていて、映像も含めてこれまでに見たオカモト誰よりも、物語の中で成長していたように思います。

いろんなことに逃げ腰なダメ男が、少しずつ逃げないようになって、最後は相手に立ち向かっていく・・・。
そこで気がつく・・・ケイコへの自分の想いと、ケイコのパートナーはやはり自分ではないということ。

なんか・・・このあたりのごちゃまぜな思いが、ひしひしと伝わってきて、見てるこっちまで切なくなって泣けてきました。

初期のキャラメルの若者のような「男にしてやらないと」というイメージが陳内くんにあって、おっかーさんからあふれる見守り感がすごかったです。

竜馬とバカップル伸介がクロスキャストということで、あつを伸介は年寄設定にしていて「カオリを持ちあげたいけど腰が痛い・・・」みたいな感じだったのですが、バカップルはもっとはっちゃけてもよかったかなぁ・・・。
大人しめで少し残念だったかも。


私が観た回は、おっかーさんの竜馬の大千秋楽。
みんながおっかーさんの竜馬を見納めるために来ているのでは・・・と思われるほど、おっかーさん一歩前に出ると大きくなる拍手。

暗転拍手から三方礼が終わっても拍手鳴りやまず、カーテンコールは4回。
最後はおっかーさんが「温かい拍手がうれしくて、気持ちはみなさんとこれから飲みに行って語り合いたいぐらいですが、日曜日のお昼の回・・・まだお店が開いていません。また逢おう」というようなあいさつをされて、ようやくみんな拍手を終わらせた・・・という感じでした。


おっかーさん。
これがたぶん最後の竜馬と言わず・・・またやってくださいね。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇