So-net無料ブログ作成
検索選択
映画・お芝居・DVD・コンサート ブログトップ
前の10件 | -

「美女と野獣」吹替版 [映画・お芝居・DVD・コンサート]

ミュージカルでも活躍されているみなさんがキャスティングされていて、気になっていた吹替版を見てきました。

日本語で見るのもいいですね。
けど・・・日本語の歌詞は、私そんなに見てないのに四季版が刷り込まれてしまっていて、頭の中で流れる歌と聞こえる歌詞だったり、アレンジが違う・・・なんてことに。

私はアニメ版を見てないのでなんとも言えませんが、人それぞれ好きな訳があったりするんでしょうね。

訳といえば少し驚いたのが「夜襲の歌」の中で、ル・フウがつぶやくような歌詞。
字幕版を見たときには気がつかなったのですが、今回の吹替版で「あれ?今のル・フウの本音?」と、実写版ではある意味イイ奴として描かれているル・フウならではの歌詞に、ドキッとさせられました。

さて、みなさんの歌の印象ですが、ル・フウはガストンと歌うことが多いので、藤井さんは少し吉原さんに負けちゃってるな・・・って感じがしました。
(吉原さんの歌声聞きながら「レ・ミゼ♪」と思い出してたんですが、今年の公演で取れた公演は、吉原さんジャンもジャベールもやってない回でした・・・ガ~~~ン)

あと、「題名のない音楽会」で「ひそかな夢」を聴いたときに、少し声が高くて軽い?と感じた山崎さん。
映画では、たぶん加工してるんだろうなぁ・・・と感じるほど、かなり低くなっていて、見てるときはそれほど違和感は感じなかったのですが、あとから「ひそかな夢」をダン・スティーヴンスさんのものと聴き比べると、明らかに”甘い”歌声・・・。

山崎さんはやっぱり純正の王子役がぴったりなんじゃないかなぁ・・・。
まぁ、歌はお上手だしいいんですが。

それにしても、「みそかな夢」のあのシーン。
ベルを目で追って、塔を上っていくビーストは、やっぱり切なかったです。

あぁ・・・DVD出たら買っちゃうかもです。
あと1回ぐらいは見たいなぁ・・・。


nice!(0)  コメント(0) 

「美女と野獣」劇団四季 [映画・お芝居・DVD・コンサート]

いつまで経っても(?)大阪に来ないので、京都劇場で観てきました。

東京で観て以来「アラジン」を観るまで、ず~~~っと自分の中でダントツで一番好きな作品で、いろんな人に「観て!!」とおすすめしていた作品でした。

久しぶりに四季の「美女と野獣」を観て思ったのは「アラジン」の圧倒的なショーエンターティメントと違って、ベルとビーストの恋愛ストーリーも描きつつ、ショーがたくさん散りばめられていて、とてもバランスがいい・・・作品だなぁ・・・といこと。

「アラジン」はとにかく圧倒されっぱなしって感じだったのですが、「美女と野獣」はベルとビーストが少しずつ心を通わせていくストーリーと、見ごたえのあるショーの部分がうまくミックスされているので、じんわり心に届くような感じがします。

歌もダンスも本当に素晴らしかったです。

しばらく「アラジン」が1番になっていましたが、改めて「美女と野獣」が1番になりました。

ちょうど映画を観て日が浅く、印象が強く残っている中で観たので、なんとなく映画と比較しながら見てしまっていたのですが、若干ストーリーが前後していたりして、それぞれの表現にふさわしい演出になっているんだなぁ・・・なんて感心しながら観ていました。

映画では歌われなかった「人間に戻れたら」は、明るい歌なんだけどなんだか心にしみます。

日頃忘れている「当たり前」のことって、失われて気がつくんですよね。

♪だいじにして、生きよう~♪

忘れがちだけど、いろんなことを大事にして生きなきゃって思います。

京都劇場で21日まで・・・。
満員の客席からの拍手に、本当に何度も何度もカーテンコールに応じてくださったキャストのみなさんでした。

さて、次はどこで公演されるんでしょう?
キャッツの次に、大阪に来て欲しいなぁ・・・。




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

「美女と野獣」IMAX3D版 [映画・お芝居・DVD・コンサート]

待ちに待ったディズニー版「美女と野獣」の実写版!!

エマのベルはじめ、アニメのビジュアルの再現度の高いこと高いこと。
しかも音楽はアニメと同じアラン・メンケンさん。

予告編が解禁されるごと、何度も見てしまったのは初めてかも・・・なぐらい、期待度大だったのですが、当然ですが裏切りませんでしたよ。

今回うちの近所のシネコンでは、IMAX3D(字幕)、2Dの字幕と吹き替えの3パターン上映される予定で、全部見るつもりなのですが、とりあえず絶対に見逃したくないIMAX3Dバージョンから見ました。

IMAX3Dはこれまでにもな何作品か見てるのですが、今回一番よかったです。
いつも最初だけは「ほぉ」と思うものの、作品が進むにつれて忘れて見てることが多いのですが、今回はずっと立体的な映像を見ていた気がします。

例えば、タンス婦人がドレスを選ぶシーンなどでは、シャンデリアが目の前にふわふわ浮いてたし、ビーストが雪玉をベルに投げるシーンでは、雪玉が向かってくるので思わず避けていしましました。

ホントに映像がとにかく美しく幻想的で、よくぞこの世界を映像化してくれました!!って感じでした。

もちろん、みなさんの演技も歌も音楽も素晴らしかったです。

特に今回新たに映画用に用意された「ひそかな夢」
お父さんの危機を鏡越しに見たベルを、城から開放して村に向かわせたビーストが歌うのですが、ビーストの切ない想いが伝わってきて、泣いてしまいました。

ビーストは特殊メイクでほとんど表情もわからなし、私は英語全くわからないのに、眼差しやたたずまい、そして歌に心動かされたのです。

舞台で役者さんの表情が見えないのに、歌やセリフに心を動かされることはありますが、収録された歌声では初めてだったので、とても驚きました。


ホントにどこを切り取ってもステキな映画です。
2Dの字幕版、吹き替え版も楽しめそうで、ワクワクです♪



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

映画版「ReLIFE」 [映画・お芝居・DVD・コンサート]

cimicoというアプリで連載されているマンガが原作の作品。

comimoでこの作品を読み始めたとき「ドラマとかにできそうな話だなぁ・・・」と思っていたのですが、やはり・・・というか、TVアニメになり舞台化もされ、そして映画にもなりました。

ただ、マンガの連載はまだまだ続いているので、お話は映画版のオリジナルラストです。

そんなわけで、原作は設定とかだけでストーリーはけっこうオリジナルぽいし、見ないかなぁ・・・と思ってたのですが、来場特典の小冊子欲しさにレディースデーで行ってきました。

・・・うん・・・やっぱり映画は映画だわ。

うまくまとめたなぁ・・・というのが、第一印象。
全体的にかなりオブラートに包んだ感じですね。
爽やかな青春もの・・・タイムトラベルしない「バックトゥザフューチャー」・・・?

原作を読んでいると物足りないところもありますが、原作を知らなくても楽しめるし、出ている若い役者さんが好きな人は見るべしかな?

(中川大志くん・・・初めて見ましたが、27歳が違和感感じないのに驚き&実年齢28歳なのに、新太より高校生らしかったかも?な夜明役の千葉くんにも驚きでした)

以下完全ネタバレしますので、ご注意を。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」 [映画・お芝居・DVD・コンサート]

去年12月に書きかけのままだったので、今頃ですがUPします・・・。

久しぶりに絶対映画館で観たいなぁ~と思っていたら、子供が一人で夕食後に行くというので、急遽私も行くことに。

せっかくなので、IMAX3Dにて鑑賞したのですが、夕食後だったためか少し3D酔気味になってしまいました。

3Dって、毎回カウントダウンのときに数字が飛び出してきて「おぉ」と期待が高まるのですが、本編が始まるとカウントダウンほどじゃなくてちょっと残念に思えてしまいます。


さて、本編。

確かにハリポタを知らなくても楽しめる作品ですが、出てくる人たちの設定がざっくりで語られなさすぎて、私は物足りないというかちょっとついていけないというか・・・でした。

たぶん、主人公のニュートがけっこういつもポーカーフェイスなんで、何考えてるかもひとつわかんなくて、何が起きてるか入り込みにくいって感じなんだと思います。

そういう設定なんでしょうが、魔法生物が逃げ出してつかまえようとしてるときも、逃げ出してしまったのか、その辺を徘徊してるのか、仕草や表情だけでは何が起こってるのもひとつかわかんなくて。

起こっていることを客観的に見てるような感じではあるんだけど、魔法生物が逃げ出してかなりのしっちゃかめっちゃかなことになってるのに、けっこうやりっぱなし・・・って感じで、私なんかは「いいのかしら?」みたいに思ってしまいました。

まぁ、彼が魔法生物たちをこよなく愛していることや、彼らの飼育場所にいるときはすごく幸せなんだろうなぁ・・・というのは伝わってきましたが。

ところで、時代設定が1920年代なのはいいですね。
昔見た映画「コットンクラブ」の世界です~。
ハリーの時代だと魔法界の少し古めかしい感じが、人間界より少し先行く感じで描かれていました。

ストーリーとしては、ある目的があってイギリスからアメリカにやってきたニュートが、アメリカで出会った人間や魔法使いを、思いがけずトラブルに巻き込んでしまうのですが、トラブル解決や誤解を解くうちに、思いがけずアメリカの魔法界(人間界も)を救う・・・という、わかりやすいものなので、伏線回収のあるハリポタのシリーズだと思わず、別物として楽しめばよかったみたいです。
なんか、伏線っぽいな・・・と思うと「・・・で、あれはどうなったのかしら?」ってなっちゃっうんですよね。

魔法生物たちは、手放しに「かわいい~」というわけはないのですが、それぞれに個性的でした。
あ・・・でも、ニフラーが宝石店のウィンドーでポーズとってるのはかわいかったです。

続編もあるな・・・と思わされるラストシーンでしたし、この先の展開が楽しみです。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「君の名は。」 [映画・お芝居・DVD・コンサート]

遅ればせながら見てまいりました。

すごく話題になっていても、全く興味がわかなかったのですが、夕方のニュースのコーナーとかで取り上げていたので、ポカっと予定が空いた日があって行っておこう・・・かと。

公開からしばらくしたときに「この映画の設定などをツッコミたくなる人には楽しめない」みたいな感じ記事を何かで読んで、このところキャラメルのファンタジーの世界を、どこか楽しめていない私にはこの映画楽しめないだろうなぁ・・・という気持ちがあったのですが、新海監督の「シンプルに”ボーイミーツガール”な物語を作った」という感じのインタビューを見て「それならホントに楽しめないか確認してみよう」と。

結果・・・面白かったです。

ストーリー・・・こう来るか!

途中、感動的で切なくて泣けてくるシーンが押し寄せるんだけど、そのまま怒涛のようにたたみかけず、ラストはごく平凡な日常を生きる主人公たちを描いているのが、いい感じです。

究極の赤い糸ですね。
もしかしたら・・・自分たちの出会いにも覚えていないドラマチックなストーリーがあるのかも?なんて。

それにしても・・・瀧くんって、苗字じゃなかったんですね。
エンドロール見るまで気付かなかった私です。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「シーズンズ 2万年の地球旅行」 [映画・お芝居・DVD・コンサート]

近所のシネコンで入っている会員だけど、毎年500円の更新料を払いながらもほとんど映画を見てないという状況が続いていて、いい加減なんとなく貯め続けていたポイントも使わないとなぁ・・・ってことで、久しぶりに映画見てきました。


2万年前からの地球の様子を、動物たちの営みを通して見る・・・って内容みたいだったのですが、う~~~~ん・・・内容としてはTVの2時間企画っぽかったかなぁ。

氷河期を耐え忍んだ動物たちは、森で平和に暮らす日々が続くのだけど、文明を手にした人間のために森を追われ、かつて氷河期を乗りきったように環境に順応して新たな土地で生きていく・・・。
果たして、森の一住人であったころのように、人間は動物たちと共存していくことはできるのか?

うっそうと生い茂った森の中で”持ちつ持たれつ”で生きていく動物たちと、人間のために明るくなってしまった森でその関係が崩れてしまった動物。

時間が経ったから・・・って言われたらそうなんだけど、今の時代にもどっちも存在するような気がするし、ところどころに挟まれる人間の行いがなんか説教臭く見えちゃって、どこかで冷めた自分が「このシーンどうやって撮ったんだろう・・・」なんて思いながら見てました。

最後に、動物たちには一切危害を加えていない・・・って感じのテロップが流れたんだけど、益々どうやって撮ったんだ?って疑問がムクムク・・・でした。


大画面で見られたし、家だとゆっくりじっくり見られないので、まぁいいかぁ・・・って感じでした。
いっそのこと3Dとかにして欲しかったなぁ。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

Disney on classic 2015 まほうの夜の音楽会 [映画・お芝居・DVD・コンサート]

「けぇこさんの家の近くのホールでもあるので、いっしょにいかがですか?」
・・・とディズニー大好きで毎年楽しんでいる、U嬢からお誘いいただいてデビューしてきました。

パークでの音楽や映画の音楽を、生オケで出演者の方が歌ってくれるというもの。

私は、TDLに20数年前に行ったのを最後に、TDSには行ったこともないという状態なので、果たして楽しめるのかしら?でしたが、心配なかったです。

ディズニーの音楽はどれもけっこうポピュラーで聴きやすいですし、2部はアニメの「美女と野獣」の曲を”フルオーケストラの演奏と、目の前で繰り広げられるヴォーカリストたちの歌・台詞・演技による“アニメーション・オペレッタ”形式でお楽しみください”(公式サイトより引用)だったので、初心者でも十分に楽しめました。

毎年違うテーマに沿った選曲になっていて、ツアーの中でもセレクトされる曲が違うコーナーもあるとかで、いろいろな演出もあって飽きずに楽しめるようになっているそうです。

うちの近所のホールなんて、ローカルな地域にあるにもかかわらず、MCささきフランチェスコさんと指揮者ブラッドさんのやりとりに、ちゃんとご当地ネタを織り込んでおられて、いろいろなところでゲストをもてなそうとしている心遣いを感じました。


そんなステキなコンサートだったのですが、ゲスト側にかなり残念なことが・・・。

今回、私の希望で一番お安い席(たぶんB席)だったのですが、そのB席に座っていた3人組がコンサート中に「見えにくい」とかけっこうなボリュームで話をして、勝手に席を移動したあげくに、係員さんに空いているA席に移動したいとか言い出したみたいで、ずっと落ち着かない状況に・・・。

いやいや・・・それなら最初からA席買いなさいよ。
空いてるから移るってそれはおかしいでしょ。


別の日の同じホールのコンサートでは、ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番(千秋先輩はミルヒーの指揮で弾いた曲ですね)の冒頭・・・あの静かな最初の一音がまさに・・・というタイミングで、まさかまさかのケータイアラームを鳴らすバカが!!
(これはあえて、バカを呼ばせていただきます・・・。聴いてるだけの私でもムカつきましたから、演奏者の方のお気持ちを思うと・・・プロとはいえよくぞ気持ちを立て直してくださいました)


こういう観客のマナーの悪さを見ると、やっぱり所詮は田舎のホールなんだな・・・と恥ずかしくなります。

みんなもっともっとホールに足を運んで、いろんな舞台を楽しんで、最低限のマナーも身につけましょうよ~っと思うのでした。



nice!(0)  コメント(0) 

「レ・ミゼラブル」 [映画・お芝居・DVD・コンサート]

おととし初めて舞台を観て「次にまたやるときはきっと見ようね」とA嬢と約束した作品。
ものすごいインパクトで、とにかく圧倒されまくりだったのです。

そんな「レ・ミゼ~」2年ぶりに観てまいりました。
しかも2回。
1回は東京で観まくったお友達のおすすめキャスト。
そしてもう1回は大阪の千秋楽!!
(A嬢と予定のあうのがこの日しかなかったのですが、抽選でチケット取れたのです~)
ただでさえ楽しみなのに、より楽しみ。

・・・で、1回目観てみて、ん?ん?ん?
なんか印象が違う・・・?
お友達から、演出同じ人だけど変わってるとこもあるっていうのはきいてたんですが・・・。

まず舞台上が暗め?
それに、けっこう説明的な部分がはしょられてる?(みんなお話を知ってるって前提?)
なんか全体的に淡々とした印象。

確かにそれぞれのみなさんの歌は素晴らしく、胸を打たれたのですが、なんだか余韻が残らないというか、歌のメドレーを聴いている気分。

それに、2年前に観たとき圧倒された、プロジェクションマッピングがあまり使われていない感じ。
飲みこまれるような・・・そこに居合わせたかのような臨場感が感じられない。

うまく言えないのだけど、全体的に品よくまとまってしまってる感じで、エネルギーが伝わってこなかったんですよね。

なんでだろ・・・今回は2年前に観てて、慣れちゃってるとか?と自分の感じ方の違いに戸惑った観劇。

そんな風に少し違和感を感じて、不完全燃焼っぽかった1回目だったので、2回目を前にA嬢に1回目の感想を素直に伝えられなかった私。
そんな風に少し不安に思いながら観た大阪千秋楽。

きた・・・きました!!

1回目とキャストはそれほど変わらないのだけど、大阪の千秋楽で一区切りだからか・・・なんか響いてくるのが違う!!
ジャベールが泥臭い!!
エポニーヌもより切ない。

ラストシーンのあたりから、ずっと泣きっぱなし。
拍手しなきゃだから、涙もふけず鼻水すすりっぱなし。

カーテンコールでは、かなりの人がスタンディングオベーションしてました。

やっぱり舞台は生ものだわ・・・。
と実感したりして。

さて次回あるとしたら、どんな風に仕上がるのでしょう。
次も大阪でやったらもちろん観に行きます。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

「リトルマーメイド」 <2015お江戸の旅⑤> [映画・お芝居・DVD・コンサート]

1440934890558.jpg思えば2年前の春。
「旅猫リポート」観劇にあわせて初日を見ようと企て(チケットが取れるわけないだろう・・・)、あっさり散った「リトルマーメイド」観劇作戦。

あれから2年半。
ついに見る機会がやってきました。


いやぁ・・・ワイヤーを使っているにしても、ホントに泳いでいるかのような身のこなし・・・。
役者さんの身体能力の高さに、ただただ驚きです。

特に海に沈んでいくエリックを引き上げるアリエルのシーンは、美しさを感じるほど。
ゆらゆらと沈んでいくエリックを見ていると、自分たちまで水の中に居るように感じられるぐらい幻想的です。


ラストには盛大な結婚式シーンで、まさに大団円!!

いいんです・・・どうやってやられたかわからないぐらい、アースラーがあっさりやられてしまっても。
愛のためなら女の子は無敵になるんですから。

3階から見ていたからか、アリエルの巻貝のような髪形も気になりませんでした。
エリックが”正統派王子”な風貌(後ろで髪を束ねている)で少し”ふ~ん”って感じでしたが、育ちの良さそうな王子さま。

どちらかというと、砂糖菓子のような・・・子供たちと楽しめる作品って感じですね。
私は、ディズニーの「リトルマーメイド」を見てないのですが、なんとなくすごくディズニーらしいんじゃないかな?と思いました。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇
前の10件 | - 映画・お芝居・DVD・コンサート ブログトップ