So-net無料ブログ作成
キャラメルボックス ブログトップ
前の10件 | -

「鍵泥棒のメソッド」 [キャラメルボックス]

初演は、桜井、コンドウ、香苗はWキャストだったので、私はWhitecastでおっかーさんがコンドウ、桜井・多田くん、香苗・岡内さんの方を観ました。

今回はシングルキャストで、Blackcastの桜井だった畑中くんとWhitecastのコンドウだったおっかーさん、そして香苗は初演に出ていないじっきーという組み合わせ・・・。

実は、初演のときに多田くんよりも自分の中で桜井のイメージに近い畑中くんを見てみたい・・・と、見終わったあと感じていたので、この組み合わせは私としてはすごく”アリ”!!

不安材料としては、キャンキャンした感じのじっきーがどう?・・・だったのですが、全体の感じとしては今回の方がよかったです。

人生に行き詰まって自殺しようと思って失敗する桜井だけど、当面の生活が落ち着くと出てくるテキトーな感じは、やっぱり畑中くんの方がしっくりきたし、初演からある意味出来上がってたおっかーさんのコンドウは、底にある人間味のようなものがうまく出てきてたし、じっきーの香苗もキャンキャンせずいい感じをキープしてました。
(最近の落ち着いた役のじっきーのセリフまわしに、ぐっちーさんぽさを感じるのは私だけでしょうか?)

そして・・・今回のキーポイントは、工藤をやった石橋さん!!
無伴奏ソナタのあのウォッチャーと同じ人だなんて・・・。

なんで、あんなイロモノな役をやってもしっくりくるんでしょう?
全然イヤらしさがない・・・ある意味上品なんです。
すごい・・・すごすぎますよ・・・石橋徹郎。


今回ね・・・影の主役はコンドウだな・・・と思いました。

「おまえの人生、このまま俺がもらうぞ」

このセリフ・・・ずっと素の自分を隠していたコンドウが、ポロっと口にしてしまった本音・・・って感じで、ホント特別に聞こえたんですよね。
初演では感じなかったこの感覚。
もちろん、初演のように映画での香川さんがオーバーラップすることもありませんでした。

ストレートにエールを送っているわけではないのだけど、みんな不器用ながらに前に進んでいくんだなぁ・・・と、思える作品ですね。

初演からちゃんとキャラメルの作品になっていたとは思うのだけど、この再演でよりキャラメルらしくなったなぁ・・・。

無理にキャラメルの中でキャストを決めなくても、適任がいないときは今回のように客演の方にお願いする方が、反対にキャラメルらしさが出ることがあるのでは?と感じました。


さて、今回の公演で夏と秋の作品告知チラシを受け取ったのですが、今年は3月の次は大阪は9月なんですって。

7月の公演は東京のみ。

なんと!!
・・・ってことは、今年は神戸のクリスマスツアーとで年3回なんでしょうか?
公演作品が多すぎるのも困るんですが、同じ公演の中で選択肢を増やされるのも困るんですよね。

9月は「光の帝国」ですか~。
初演はハーフタイムだったので、じっくり2時間やるってことですね。

初演で阿部じょーが一皮むけたなぁ・・・って感じたんですが、あれから8年ですか。
ほぉーーーーっです。

9月・・・他の予定とかぶらないことを祈ります。




nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

「ゴールデンスランバー」 [キャラメルボックス]

伊坂幸太郎さん原作で、以前映画化された作品の舞台化。

私は、人が騙されたりするのを見るのが苦手で、ドロドロ転落劇はもちろんTVの”ドッキリ”も見たくない方なので、主人公が暗殺の濡れ衣を着せられるとわかって、映画を見たりしませんし原作も読んでいません。

・・・なので、全くストーリーを知らないで見てて「ドキドキ」したのですが、ストーリーを知ってる人は楽しめるのかなぁ?・・・と、少し思いました。

まぁ、見るポインは人それぞれですが。

ただ・・・何年か前のように、お芝居としてはちゃんと無難に仕上がっているけれど、なんとなく物足りない・・・という印象が残りました。
ここんとこ、ちょっといい感じになってきたなぁ・・・と思ってたんですが、またなんだかなぁ・・・に逆戻りしたかも。


ところで本編と全く関係ありませんが、今回も開演前のBGMにセカオワの「スターライトパレード」がかかっていたので、気になって調べたら「流星ワゴン」で使われてたんですね・・・。

記憶に残ってなかったんです。
すみません。

さてさて・・・以下ネタバレもあると思いますので、気になさらない方だけどうぞ。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

「嵐になるまで待って」 [キャラメルボックス]

この作品は私がキャラメルを観るようになってからでも3回目の再演なので、おっかーさん、細見さん、鍛治本くんと3人の波多野を見たわけなのですが、先の2人に比べると明らかに好青年のイメージの強い鍛治本くんの波多野・・・。
正直「どうなの?」な感じだったのですが・・・見終わってみると「アリ」でした。

おっかーさんも細見さんも、いい人の皮をかぶっていても隠しきれない狂気のオーラが滲んでいたように感じたのですが、鍛治本くんのはホントに普通なんだけど、お姉さんのことになって見境がなくなると力を使ってしまうって感じに見えたのです。

だから、雪絵を守るために・・・という想いが、自分の意志とは関係なく二つ目の声で人を操ってしまうという形になってしまったように見えて、設定にすごくリアリティを感じました。

先の2人が、力を使っていい人を演じているのに対して、鍛治本くんの波多野はいい人なんだけど、キレちゃうとヤバイよ?コントロール利かないよ?みたいな。

ラストで雪絵と対峙するシーンで、雪絵が現れたときの波多野の眼差しが、怯えたように見えました。

自分では雪絵を守っているつもりだったのに・・・雪絵がやってきたといことは・・・。
もしかして自分は間違っていたのか?
お姉さんに叱られる!

なんとなく、姉1人弟1人のリアルな弟の気質ってこんな感じだと思うのです。

姉を傷つけようとする相手を”倒し”て、後ろのお姉さんを振り返って「これでいいよね?」と都度確認してる。
姉も、そうやって自分を守ってくれる弟は、弟であるのだけど男性の理想であったりする。

3作品の中で一番激しくないと思うのですが、今回の作品では今まで感じなかった”弟と姉”の関係とすごく感じて、それだけにすごくジンワリきました。

私の中で、波多野がただのヒール(悪役)でなくなった作品になりました。

そして・・・ここのところ、キャラメルを見ても感想を書く気がしなかったりしたのが、久しぶりに書きたい!と思えた作品でもありました。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

また逢おうと竜馬は言った [キャラメルボックス]

私が大好きな作品。
以前、キャラメルが再演して欲しい作品をアンケートしたときに、迷わず書いたぐらい好きです。
そのときは「石原くんをオカモトで男にしてあげて・・・」的なことを書いたような。
(残念ながら・・・もうそんな年でもないですね)

そのあと、畑中くんと左東くんで再演されたのを見て、今回。
オカモトを客演でお迎えする・・・ということで、私としてはあまり期待してませんでした。
いや・・・やっぱりオカモトはキャラメルの若者を育てる役でしょ?と。

私が観たのは、陳内くんオカモト、おっかーさん竜馬のブラックキャスト。

オカモトはどちらの若者でもいいけれど、1回しか見られないのでどちらか選べとなったら、やっぱりおっかーさんの竜馬となりまして(あつをさん・・・ごめんなさい)

けれど、ホワイトキャストの三津谷くんを見ていないので、比べることはできないものの、陳内くんのオカモトには大満足。

始まりと終わりで全く顔つきが違っていて、映像も含めてこれまでに見たオカモト誰よりも、物語の中で成長していたように思います。

いろんなことに逃げ腰なダメ男が、少しずつ逃げないようになって、最後は相手に立ち向かっていく・・・。
そこで気がつく・・・ケイコへの自分の想いと、ケイコのパートナーはやはり自分ではないということ。

なんか・・・このあたりのごちゃまぜな思いが、ひしひしと伝わってきて、見てるこっちまで切なくなって泣けてきました。

初期のキャラメルの若者のような「男にしてやらないと」というイメージが陳内くんにあって、おっかーさんからあふれる見守り感がすごかったです。

竜馬とバカップル伸介がクロスキャストということで、あつを伸介は年寄設定にしていて「カオリを持ちあげたいけど腰が痛い・・・」みたいな感じだったのですが、バカップルはもっとはっちゃけてもよかったかなぁ・・・。
大人しめで少し残念だったかも。


私が観た回は、おっかーさんの竜馬の大千秋楽。
みんながおっかーさんの竜馬を見納めるために来ているのでは・・・と思われるほど、おっかーさん一歩前に出ると大きくなる拍手。

暗転拍手から三方礼が終わっても拍手鳴りやまず、カーテンコールは4回。
最後はおっかーさんが「温かい拍手がうれしくて、気持ちはみなさんとこれから飲みに行って語り合いたいぐらいですが、日曜日のお昼の回・・・まだお店が開いていません。また逢おう」というようなあいさつをされて、ようやくみんな拍手を終わらせた・・・という感じでした。


おっかーさん。
これがたぶん最後の竜馬と言わず・・・またやってくださいね。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

「きみがいた時間 ぼくのいく時間」 「フォーゲット・ミー・ノット」 [キャラメルボックス]

2月に観たんですよねぇ・・・。
キャラメル観劇に関して、最近ほったらかし過ぎです。

「きみ~時間」→「フォーゲット~」の順で観たのですが、す・・・すみません・・・「フォーゲット」の感想が全く思い出せない・・・っていうか、ストーリーも覚えてないんです。

いやね・・・ハーフ2本立てぐらいならまだしも、ガッツリ2時間のお芝居を1日に2本・・・しかも役者さんは同じ・・・って、やる(演じる)方もチャレンジでしょうが、観る方もチャレンジですよ。

・・・ってことで、「フォーゲット」の記憶がないので「きみ時間」だけでも。

この作品・・・上川さんにあて書きされたのかな?って秋沢はもちろんなんですが、客演の西山さんにあて書きされた?って感じの紘未・・・難しいと思うのです。

紘未ってすごくいい子なんですね。
すごくピュアで、里志のことが大好きで大切に思ってて、誰から見てもいい子。

こんな子を嫌味なくできるって、客演の西山さんだからできるんだろうなぁ・・・と思っていました。
キャラメルのお芝居でいろんな役をしていると、どうしてもどこかで嫌味のようなものが、透けて見えるのでは・・・っていうのがあって。

ところが、貴ちゃんの紘未がホントにステキで、びっくり。←ごめんなさい

透明感があって、さわやかな印象・・・だけど、芯が強くてここ一番はパシっと里志を叱れる、ホントにステキな女性だったと思います。

貴ちゃんは、ちょっとオトボケだったりする役がピッタリだなぁ・・・と思っていたので、こんな感じの正統派なヒロインはどうなんだろう・・・と少し不安があったのですが、紘未が私の中で一気にベストアクトになりました。

あと、印象に残ってるのが、ろくでなしな浩二をやった石原くん。

容疑者X以来、ろくでなしな役があまりにもハマって感じてしまうのです・・・。
長年「竜馬~」でオカモトをやって欲しいと思い続けてきたのに、今回の怪しいイタリア人とかろくでなしとかがハマって感じてしまうなんて。

けど、ろくでなしがハマっていたのが印象に残っているのではなくて、おっかーさんがやった役をいい感じにやってたなぁ・・・ってとこです。

なんとなく、中堅というよりもうベテランの域なんだなぁ・・・と感じたのでした。


ところで、初演を見たときも思ったのですが、里志はどうしてああも堂々とみんなの前でPCを触ったりしたんでしょう・・・。
もちろんストーリーの展開から、PCが大切な鍵になるのが必要なのはわかるのですが、慎重な里志が不用意に昔の人の前でデータを見るだろうか・・・という違和感を今回も感じてしまいました。

あんなに人前で使ったらあかんやろ・・・と。


ほとんど客演状態だった上川さんと、客演の西山さんがメインの初演だったので、キャラメルの作品だけどどこかで借り物のように感じられていたのですが、今回の再演で名実ともにキャラメルの作品になったように思います。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

「水平線の歩き方」「君をおくる」 [キャラメルボックス]

ハーフタイムシアター2本立て。

「水平線~」は初演から変わらずW岡田だし「君をおくる」は”空晴”の岡部さん脚本ということで、どちらも外さないと思ってましたが、予想以上だったかも。


まず「水平線~」
初演から観てますが、ホント観るたびに優しくなっていく印象です。

もちろん、お話自体とても優しいんです。
けど、お話の優しさ以上にすべての人が優しいというか・・・丸いというか・・・。

なんかね・・・初演からそれぞれ球体でくっついてるんだけど、その隙間がどんどんなくなっていっていって、大きな球体になってるような印象だったのです。

今回特に、アサミの幼い幸一を残して逝ってしまった無念さのようなものがヒシヒシと伝わってきて・・・でも、幸一に向けるのはいつも笑顔っていうのが切なくて、いつもより涙倍増だった気がします。


そして「君をおくる」

いつも大阪弁(関西弁?)で聞いてる岡部さんのセリフを、東京弁?で聞くってどんなかんじなんだろう・・・と思っていたのですが、違和感なかったです。

・・・っていうか、あつをさんの大阪弁がヘタすぎ。
ネイティブだったはずなのに、いつの間にとってつけたような残念な大阪弁に・・・?

思いこみ、勘違い、すれ違い・・・などなどから起こるドタバタ劇。
けど、誤解が解けてから冷静になって考えてみると、ジ~~~ンとなる展開。

空晴の作品を何本か見てるので「あ・・・これはこうくるパターンだな」とわかるんだけど、それでも楽しめるという岡部ワールド炸裂。

綾ちゃん演じる”先輩”が空晴のときの岡部さんのポジションですね。
がぁ~~~~っと登場して、どわぁ~~~~っとしゃべって、ドンっと丸めて去っていく。

さすが綾ちゃん、岡部さん同様にテンション高く、すべてをさらっていった感じでした。

”空晴”のときは、シチュエーションコメディーだけど、大阪弁によるセリフに親近感があるからより面白く感じると思ってましたが、セリフが東京弁でもやっぱ面白いですね。

そして「いってらっしゃい」と送ってあげないと「ただいま」と戻ってこられないよ・・・というステキな展開。

そうかぁ・・・だから「君をおくる」のね。


この2つの作品の8人の登場人物を同じ8人で演じるというハーフタイムシアター。

これだけ、全く違うキャラを演じ分けるってすごいですね。
なんか、今回改めてそう感じました。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

「BREATH」<RED> [キャラメルボックス]

終わっている公演の感想もUPできていないのですが、書きたいと思う順番でこの作品から・・・。

ただ、神戸で初日を開けて、東京の千秋楽までまだ1か月以上あるので、久しぶりにこの先隠しています。

・・・関係ないんですが、開演前にセカオワの「スターライトパレード」がかかってました。
トイレに行ってる時に聞こえてきて「へ?なんでキャラメルでセカオワ?」と思ったのだけれど、そのまま聴いてて「案外ありかも?」と思いました。
けっこう近いものがある?


では・・・ご覧になった方やネタバレが気にならない方はこの先へどうぞ。

この先、完全ネタバレしてます・・・。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

「時をかける少女」 [キャラメルボックス]

何度も映画やドラマ、アニメになった筒井康隆さんの同名小説。
そんな超有名な小説を原作に舞台化したキャラメルの作品。

もう終わった作品なので、どんどんネタバレしていきます。
何も知りたくないという方は、この先ご遠慮くださいませ。

さて、そんなキャラメル版。

ヒロインが芳山和子の姪・・・というのは、アニメ映画版と同じ設定ですが、原田知世さんの映画のその後を描いているような感じで、和子が経験したことや出会った人が深く関係して、実は和子がホントのヒロインじゃない?ってとこが大きく違います。

おばの芳山和子(坂口理恵さん)が入院することになり、和子と同居する祖父の世話をするために、北海道から上京した尾道マナツ(木村玲衣ちゃん)は、和子の教え子で病気の和子をいろいろ手助けしているという、隣に住む竹原輝彦(池岡亮介くん・客演)と5年ぶりに再会する。

翌日、輝彦と行った和子の勤める大学で、アマゾンで研究しているため2~3年に一度、ひょっこり和子を訪ねてくる神石雄三(近江谷太朗さん・客演)と出会ったあと、物音がした無人の実験室で気を失ったマナツと輝彦はそれから不思議な体験をする・・・。

なんと、時間が巻き戻って危機的な状況から逃れることができたのだった。

不思議な体験の原因を探ろうと、何度も巻き戻した時間を輝彦と過ごすうち、マナツは少しずつ輝彦が気になり始め・・・和子と神石はまわりが「どうして結婚しないだろう?」と不思議がるほどのいい感じ。

・・・けれど実は神石は、和子が高校時代(原田知世さんの映画で描かれた世界ですね)に出会い、その後何度も時空を超えて和子に会いに来ていた深町で、輝彦は和子たちの時代で”ある罪”を犯そうとしている深町を、止めるためにやってきた彼の甥。

彼は、和子の病気が現在の医学で発見されていない病気で、このままだと失明してしまうと、未来から持ってきた治療薬を和子に飲ませようとする深町を阻止するため、和子の隣に住んでいて5年前に不慮の事故で亡くなった輝彦になりすましていたのです。


いやぁ・・・ねぇ・・・。
今回はもう・・・たろちゃんにやられちゃいましたよ。

はっきり言ってね・・・役の設定通り風貌は胡散臭いんです。
近いイメージは「カレッジ~」のお父さん・銀平かな?

なんだけど・・・見た目と違うなんかがある・・・。
お友達と話していて「おじさんが色気が出てきたよね」となったんですが、たたずまいに大人の品みたいなものがにじみ出てたんですよね。

「容疑者X~」の石神(・・・今回の神石は偶然?)のときも、その存在感がすごくて「たろちゃん・・・進化してる」と感じたのですが、今回はそこにさらに磨きがかかった感じです。

「いい年の重ね方してるんだろうなぁ」
と思いました。


最初は普通?のサブキャラなんですが、じわりじわりとくるんですよね。

事実が明らかになって、薬を受け取ることによって、この先深町に会えなくなるのなら、病気が治らなくて失明してしまってもいい・・・と次にいつ会えるのかもわからない深町との愛を選ぶ和子。

その選択を静かに受け入れる深町・・・。
泣けます・・・泣かされました。

舞台にでずっぱりで、一生懸命全力疾走なマナツはもちろんヒロインで、甘酸っぱいという言葉がピッタリな輝彦との恋も切ないのですが、私はおばさんですから、大人なたろちゃん&ぐっちーさんの切なさにうぐぐ・・・。

あ・・・ある意味バカップルな輝彦の両親もいいですねぇ・・・。
西川さんとももこさんのカップル。
なんか二人してなんとなくズれてるんですが、ズレ具合がほんわかしてて。
この二人の夫婦は「スキップ」の回想シーンのお父さんお母さんぐらいしか思い浮かばないのですが、アリだなぁ・・・。

特にももこさんのお母さんがかわいい。
フラメンコちっくなエプロンももちろんですが、キャラも好きです。


そうそう、タイムリープの表現は、なんと逆回転でした。
動きが逆に再生されるんです・・・生で。

これ・・・動きを覚えたり合わせたり大変ですよぉ。
でもとってもわかりやすい巻き戻しの表現でした。


さてさて・・・次は「水平線の歩き方」と「君をおくる」

「君をおくる」は”空晴”の岡部さんの脚本。
いつも”空晴”で、勝手に大阪が舞台だと思ってこってり大阪弁で聞いているセリフが、キャラメルで表現されるとどうなるんでしょうね~。
楽しみです。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

「カレッジ・オブ・ザ・ウインド」 [キャラメルボックス]

5月10日に見てたのですが、感想を書きそびれていました。

以前にエリー(退団した小川江利子さん)がほしみを演じた作品。
(その間に高部あいちゃんを挟みますが、客演なんで)

「ヒトミ」同様どうもエリーの印象が強くて、ヒトミのときにじっきーがしゃべってるのに、エリーの発したセリフが頭の中に浮かぶということがあったので、今回もまたエリーの影を感じるのかな・・・と心配してました。

・・・が、結果から言うと、大丈夫でした。

もっと、テンションが高いだけでぐいぐい来るようなほしみなのかと思っていたいたけれど、意外にも(樹里ちゃんごめん)すっ・・・と入って来て「もう、遅いよ」のセリフのところで、気が付いたらぽろぽろ泣いていました。

押しつけがましさがなく、ホントにほしみはこんな子なんだ・・・と素直に感じられる樹里ちゃんのほしみでした。


それにしても、筒井くん。
セリフがわかっていて、みんな「来るぞ」とクスクスきてるとこで決めのセリフ・・・しっかり爆笑をさらっていったのには感心しました。

それに・・・あの貫禄はなんですか?
ここんとこ、かなり年上の役多いですよね・・・ポストだっちさん?

それから、次回作「時かけ」のヒロインの木村さん・・・。
丸かった・・・丸いよ。
あんなに丸いヒロインってやばいと思うよ?
役作りで丸くなったと思いたいけど、う~~~んサッカー少年だしなぁ。

萩本役の森めぐみちゃんは、大人しい楚々としたお嬢様っぽい印象だったのですが、今回なかなかのヤンキー?ぶり。
案外、色物な役の方がいいのかもしれない・・・と思いました。
もっともっとはっちゃけて欲しいです。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

「ブリザード・ミュージック」 [キャラメルボックス]

4回目の上演ということですが、生で見るのは初めて・・・な作品。

前回の上演のときは確か、無料オンデマンド放送で見たんですよね・・・。

お芝居の素人なのに、1週間後のクリスマスにお芝居をやりたいという、無謀なおじいちゃんの計画に巻き込まれた家族や役者たちが、気づかないうちに自分たちの立ち位置を再確認している・・・って感じのお話。

今の自分を変えたいと思ってた人も、ただ楽しそうってだけの人も、お金のためって人も、今の自分に満足してるって人も、いつの間にかなんとなく前に進んでる。

私の中でキャンキャンしたイメージの強いじっきーや安理ちゃんですが、今回はメリハリもきいていて思ってた以上によかったです。

ひとつだけ注文をつけるとしたら・・・あの”漫才シーン”はもっとコテコテの大阪弁でやって欲しかったなぁ・・・。
ネタももうちょっと練ってもらって・・・。
細見さんとエリーのときは本気で笑って、オンデマンド放送見てたPCにコーヒー吹いちゃったもん。
(何を求めているんだ・・・私)


これまでに映像で見ていて知っている作品でしたが、やっぱり生で見ないとだなぁ・・・とすごく感じました。
空気がね・・・温かいのですよ。

ラストシーンでミハルが「聞こえない、もっと近くで」と言ったとたん涙がすーっと流れました。
あぁ・・・このシーンってこんなにステキだったんだ・・・。

映像では伝わらないものがたくさんつまった作品なんだなぁ・・・と改めて思いました。



さてここからはカーテンコールのお話。ネタバレあります。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇
前の10件 | - キャラメルボックス ブログトップ