So-net無料ブログ作成

「美女と野獣」劇団四季 [映画・お芝居・DVD・コンサート]

いつまで経っても(?)大阪に来ないので、京都劇場で観てきました。

東京で観て以来「アラジン」を観るまで、ず~~~っと自分の中でダントツで一番好きな作品で、いろんな人に「観て!!」とおすすめしていた作品でした。

久しぶりに四季の「美女と野獣」を観て思ったのは「アラジン」の圧倒的なショーエンターティメントと違って、ベルとビーストの恋愛ストーリーも描きつつ、ショーがたくさん散りばめられていて、とてもバランスがいい・・・作品だなぁ・・・といこと。

「アラジン」はとにかく圧倒されっぱなしって感じだったのですが、「美女と野獣」はベルとビーストが少しずつ心を通わせていくストーリーと、見ごたえのあるショーの部分がうまくミックスされているので、じんわり心に届くような感じがします。

歌もダンスも本当に素晴らしかったです。

しばらく「アラジン」が1番になっていましたが、改めて「美女と野獣」が1番になりました。

ちょうど映画を観て日が浅く、印象が強く残っている中で観たので、なんとなく映画と比較しながら見てしまっていたのですが、若干ストーリーが前後していたりして、それぞれの表現にふさわしい演出になっているんだなぁ・・・なんて感心しながら観ていました。

映画では歌われなかった「人間に戻れたら」は、明るい歌なんだけどなんだか心にしみます。

日頃忘れている「当たり前」のことって、失われて気がつくんですよね。

♪だいじにして、生きよう~♪

忘れがちだけど、いろんなことを大事にして生きなきゃって思います。

京都劇場で21日まで・・・。
満員の客席からの拍手に、本当に何度も何度もカーテンコールに応じてくださったキャストのみなさんでした。

さて、次はどこで公演されるんでしょう?
キャッツの次に、大阪に来て欲しいなぁ・・・。




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。