So-net無料ブログ作成
検索選択

寒いときに南の島in沖縄〈1日目〉 [おでかけ]

ずーっと寒い時に暖かいところに旅してみたかったんです。

以前バリに行った時は10月というそれほど寒い時期ではなかったので、今度南の島に行く時は真冬に行きたいと思ってたんですよ~。

・・・で、願い叶って2月の沖縄♪

残念ながら曇り空の多いあいにくのお天気でしたが、沖縄でも比較的暖かい日に当たったようで、ある1日などかなり必死に走ったら汗みどろになってしまいました。

行ったときは、だいたい最低気温が17~8℃最高気温が25℃ぐらいの暖かめな日だったようで、海辺でも風あまり吹いていなかったので過ごしやすかったです。

寒がりの私はどういう服装で過ごそうかと悩んで悩んで、ヒートテックのキャミ+綿のブラウス地に薄手のカーディガンを脱いだり着たり・・・という感じにしたのですが、ちょうどいい感じでした。
(1日だけカーディガンの代わりにダッフルコート羽織りましたが)


* 1日目 *

沖縄到着10時20分のpeachでいざ沖縄上陸!!

ただ・・・以前ソウルに行ったときは海外だし・・・ということでハッピーpeachプラスを上乗せしたのですが、今回は「座席指定も手荷物預けもいらないよね?」とサービスをつけずにチケットを取ったら・・・手荷物持ち込みがスーツケースやバッグなど全て込みで10Kg以内だということが、手荷物検査のときに判明。

行くときにすでに荷物の重さは7kg・・・。
「うわぁ・・・スーツケースやめたらよかった~~~」と嘆いても後の祭り・・・お土産どうする?・・・という話はまたのちほど。

今回の3人組・・・見事に全員沖縄初上陸。
飛行機を降りたところが、関空第2ターミナルよりも簡素で「え?」・・・と思っていると、第1ターミナル前にバスで移動でした。

たまたま以前の仁川空港は、出入り口は遠かったけど施設はLCCもいっしょだったので、関空以外は同じように施設はそれほど変わらないと思ってたら、やっぱりLCCのターミナルはあんな感じなんですね。

空港ターミナルに着いたら、レンタカー会社のお迎えのバスに乗るために、中央分離帯のようになったバス乗り場を探します。

たくさんのレンタカー会社の旗の中から、自分たちが予約した会社を探すのはなかなか大変・・・しかも自分たち以外の人たちもまとめて移動なので、ついてもしばらく待機。
空港でレンタカーを借りてそのままGO~ってわけではないのですね・・・。

空港からレンタカーを借りるところはそれほど遠くなかったのですが、受付したり出発前の確認したりなんだかんだで、レンタカーを借りて出発したのはお昼近くなっていました。

そうそう・・・美ら海水族館の入場券。
私たちが借りたレンタカー会社は、クチコミなのでいちばん安いと書かれていた許田の道の駅(1600円)より20円ですが安く買えました。
うれしい♪
(このあとこのチケットでは、まだうれしいことが起こったんですよ~)

そしていよいよ1日目の目的地、美ら海水族館&古宇利島へ出発です。


高速道路で終点の許田ICまで一直線。
とりあえず、遅くなった昼食を取るために許田の道の駅で一旦休憩です。

DSC_0039.JPGお昼ご飯は、沖縄そば。

ソーキ、三枚肉、骨付き(?)、かまぼこ、豆腐(あつあげ?)がトッピングされて700円。

沖縄そばって、ラーメンみたいな麺なのかと思っていたら、どちらかというとうどん系の麺なんですね。
食べたお店は「細麺と平麺どちらにしますか?」と訊かれたので平麺にしたのですが、きしめんに近い印象の麺でした。

お店の人に確認したわけではないのですが、どうやらソーキっていうのは柔らかく煮た豚肉、三枚肉というのは豚バラを煮たもの、そばの前につくのはトッピングの種類らしいので、ソーキそばっていうのはソーキの乗った沖縄そばみたいです。

かつおと豚のおだしなのかな?
思ったよりもあっさりしていて、重くなかったです。


腹ごしらえも済んで、まずは1つ目の目的地、古宇利島へ向かいます。

ここは島へ渡る橋への景色が有名なところなのですが、お天気はあいにくの曇り。
行き先を聞いたレンタカー会社のお姉さんが「晴れてても曇っててもキレイですよ」と言ってくれたものの、「晴れてないとなぁ・・・」とそれほど期待はしてなかったのですが・・・。

「わぁぁぁぁ・・・・」

坂を上った先に橋が見えてくると、思わず全員が言葉を失いました。

橋とエメラルドグリーンの海・・・。
夏に比べたら、海の色も空の色も全然なんでしょうけど、それでもキレイ!!

古宇利タワーに登る時間はなかったので、右回り(タワーの方向から)で「ハートロック」へ向かいます。
DSC_0056.JPG2つの岩が重なってハートの形見える場所で、以前嵐のCMに使われたところなんだそうです。

道から少し入った駐車場(私たちが行った時は、箱に100円入れるだけでした)に車を停めて、けっこう急な下り坂を下りると、開けたところがハートロックのある小さな浜辺。

最初は波打ち際から離れて写真を撮っていた同行者も、透明なキレイな海を見てるうちに「入っちゃおうかな・・・」と足をつけていました。
(私は残念ながら着圧タイツを履いてたので諦めましたが・・・)

けど・・・入ったときはいいんだけど、出てから「このまま帰るの・・・どうしよう」なってしまうのが海辺お楽しみのあとの”あるある”。

私たちはあとから気がついたのですが、駐車場にちゃんと足洗い場とレンタルサンダル(無料っぽい)がありました。

ハートロックのあとはそのまま反時計回りに島を1周、橋のたもとで何やらやってたのを横目に見ながら軽く海の写真を撮って水族館の方へ。

海の深さとかも関係するのでしょうか?
印象としては、古宇利タワーのある方の海の方がエメラルドグリーンに見えました。


水族館に行く途中にある、今帰仁城跡に寄れたら寄ろうと思っていたのですが、桜まつりをしていて駐車場がいっぱいだったので、ここはあきらめてそのまま水族館へ。

DSC_0124.JPG水族館の前で、海の向こうに見える伊江島をバックに写真を撮ったりして入場しようとすると「4時になりましたので、通常の入場券をお持ちのお客様は差額をお返しいたします」との案内が。
時間を見ると16時3分。

なんですと!!
先に買ってあるチケットなのに・・・割引で買ったのに・・・差額を返してくれるなんて。
金額忘れちゃいましたが、差額を返金してもらいました。

なので、あと少しで4時・・・ってときについたら、チケットを買ってても少し時間つぶしして入場がお得ですね。

それにしても、水族館はやっぱり癒しですよねぇ・・・。
ブルーの神秘的な世界を前にすると、心洗われる気持ちになります。

特に下調べをしていかなかったのに、飼育員さんの説明が聞けたり、ジンベエザメのえさやりをバッチリ見られたり、なかなかいい感じでまわれてラッキーでした。

ただ・・・思ったより早く見て回れたので、水族館の前にあるマナティ館などを見学しようと思ったら入館は17時半まででタイムアウト。

建物違うんですよね・・・うっかりしてました。

そんなわけで、このあとはそのままホテルに戻ることにしました。

そうそう・・・沖縄で驚いたことが、この美ら海水族館に限らず駐車場が無料なこと。
車社会なのもあるんでしょうが、入館料とは別に駐車場代が必要なことが当たり前のところに住んでいるので、良心的だなぁ・・・と感心しました。

ホテルは北谷町にある「ザ・ビーチタワー沖縄」
近くに”イオン”やアメリカンビレッジというショッピングモールのあるホテルで、私たちのポイントは徒歩圏内にスーパーがあることだったのですが、スーパーが近くにあるのはやっぱり便利♪

・・・といろいろ語りたいところではありますが、長くなったのでホテルについてはまた別の記事にて。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。