So-net無料ブログ作成

パリの少女? [ひとりごと]

最後の化学療法から約1年2か月。

前回は無理やり伸ばして大変だったから、今回は無理なく伸ばそう・・・と思って、長さよりもそのときの髪の状況に合わせてカットすることを優先してきたのですが、どうしても伸びてくれないとどうにもならない部分があって、今そこと格闘してる感じです。

具体的には、襟足と耳の上。
襟足は、ある程度の長さにならないと、上に向いて生えてる髪が下に向かない・・・。
そして、耳の上は上から伸びてきた髪がうねってあり得ない方向にハネるのですが、ここもやはり長さがないと落ち着かない。

辛抱して伸ばしていたものの、ハネ方が豪快過ぎてドライヤーでセットしても少しでも汗をかくと、すごい髪形になり「このほったらかし感って大人としてどうなんだろう」

・・・で、我慢できずに美容院へ行ったのですが、25年のおつきあいな美容師さんいわく「ここは踏ん張りどころです」だとか。
少し伸びたら、それより少し切って・・・を繰り返していくしかないのだとか。

しかも・・・「以前に比べて、うねりが出てきてるから、伸ばすのもちょっと大変かも」なんですって。

年をとると、くせ毛がストレートになることはないけど、くせ毛になることはよくあるのだとか。

「いいじゃないですか。ゆる~いくせっ毛・・・かわいいですよ」
鏡を手に後ろを映しながら

「ほら・・・パリの少女のようですよ!!」

パリ・・・少女・・・。

「ほほぅ・・・とりあえず、パリっぽいっていうと、おしゃれに聞こえるよね」
「いや・・・ほら、ホントにパリの少女みたいですよ!!」

・・・もういいよ。
うん・・・後姿はパリの少女ってことにしときましょう。
さすがに、パリのマダムって言われる方がよりウソ臭いもんね。

・・・ってことで、後ろ髪のくせっ毛具合がパリの少女らしいです。



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。