So-net無料ブログ作成
検索選択

リンパ浮腫外来 症状軽くてもリンパ浮腫はリンパ浮腫 [子宮体がん]

弾性ストッキングを履くようになって約1か月。
ストッキングの相性をみてもらって、合っていれば洗い替えの2足目購入するというリンパ浮腫外来の2回目。

履いた初日から市販品との効果の違いを実感し、韓国で歩き回っても浮腫むことなく過ごせて、早く洗い替えの2足目が欲しくして仕方のない私。

履いている状態の確認で「キレイに履いてもらってる」と言っていただき、浮腫みの状態も「効果出てるね」とのこと。

さっそく2足目の注文。

夏に向けて、前回注文したのと違う商品で「コットンが入ってて、汗をかいても少しサラッとしてるように感じるって、履いた人の感想のある商品どうかな?って思ってるんだけど・・・コットンが入ってる分少しだけ”持ち”が悪いかもだけど、お値段は少し(5000円ぐらい?)お安いし」と看護師さん。

「あ~それ、うれしいです。今から夏の朝のタイツとの格闘を想像して、ちょっとブルーだったんです」

ところが、そのタイツにはつま先がないらしい・・・。

「夏に、つま先のおしゃれを楽しむためにあえてつま先なしを選ぶ人もいるけど・・・」
「いや・・・私は夏もつま先は出さないので、つま先ありでお願いします」
「じゃあ、オプションでつけられるか(カタログには載ってないけど)念のために訊いてみるね」

・・・が、もしかしたら・・・と確認してもらったものの、残念ながらつま先は付けられないということで、前回注文と同じ商品を購入することにしました。


浮腫みの状態は「あえて言えば、左ひざの上が少しだけ硬いかな?って感じだけど、タイツでこれだけコントロールできていれば十分だと思います」とのこと。

リンパ浮腫は起こってしまうと完治はしないけれど、タイツを履くことで悪化を防いだり、悪化のスピードをゆっくりにしたりはできるってことかな?

これからは、半年程度を目安にして、手持ちのタイツの状況が悪くなって(圧のかかり方が緩くなってきたり、タイツが伸びてきたりして)きたら、予約を入れて様子をみてもらいつつ新しい商品の購入をするそうです。

そうそう。
この弾性ストッキング・・・治療用装具となるので、半年に一度1足28,000円を上限に、健康保険組合から6割~7割程度補助が出るそうです。

私が購入したものを、もし3割負担で買えるなら、1足約6300円。
ずっと使っていかないといけないので、助かります。
大切に履きます。

今のところ、3日連続でタイツを履くと夜にもほとんど浮腫まない状態なので、間に1日市販品を履いて少し浮腫む状態になっても、また浮腫まない状態に持っていける・・・って感じです。

受診して、自分の足を少し意識するようになったので、少しずつ、自分の足の状態を把握して、うまく症状と付き合っていけたらいいな・・・と思ってます。


別れ際、看護師さんが「思ってた以上に早く症状が改善してよかった」と言うので「え?みんなそんなに改善されないの?」とビックリして訊くと「私が担当させてもらってる中では、けぇこさんで二人目」

なんと。
私は、弾性ストッキングを履くとみんなすぐに良くなっていくものだと思いこんでいましたが、私はかなりうまくいった方みたいです。

「早めに診てもらったから?」
「それと、タイツと足の相性かな?」

・・・だとか。

リンパ浮腫の症例では、ものすごく重症な画像が紹介されているので、それほどひどくないなら、病院にかかるのは大げさ・・・って思ってたのですが、症状が軽くてもリンパ浮腫はリンパ浮腫なんだなぁ・・・って実感しました。

もし『リンパ浮腫かも?』って気になってて『でも、これぐらいは大したことないよね』なんて受診を思いとどまっている人がおられたら、とりあえず専門家に診てもらってくださいね。




nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。