So-net無料ブログ作成

Disney on classic 2015 まほうの夜の音楽会 [映画・お芝居・DVD・コンサート]

「けぇこさんの家の近くのホールでもあるので、いっしょにいかがですか?」
・・・とディズニー大好きで毎年楽しんでいる、U嬢からお誘いいただいてデビューしてきました。

パークでの音楽や映画の音楽を、生オケで出演者の方が歌ってくれるというもの。

私は、TDLに20数年前に行ったのを最後に、TDSには行ったこともないという状態なので、果たして楽しめるのかしら?でしたが、心配なかったです。

ディズニーの音楽はどれもけっこうポピュラーで聴きやすいですし、2部はアニメの「美女と野獣」の曲を”フルオーケストラの演奏と、目の前で繰り広げられるヴォーカリストたちの歌・台詞・演技による“アニメーション・オペレッタ”形式でお楽しみください”(公式サイトより引用)だったので、初心者でも十分に楽しめました。

毎年違うテーマに沿った選曲になっていて、ツアーの中でもセレクトされる曲が違うコーナーもあるとかで、いろいろな演出もあって飽きずに楽しめるようになっているそうです。

うちの近所のホールなんて、ローカルな地域にあるにもかかわらず、MCささきフランチェスコさんと指揮者ブラッドさんのやりとりに、ちゃんとご当地ネタを織り込んでおられて、いろいろなところでゲストをもてなそうとしている心遣いを感じました。


そんなステキなコンサートだったのですが、ゲスト側にかなり残念なことが・・・。

今回、私の希望で一番お安い席(たぶんB席)だったのですが、そのB席に座っていた3人組がコンサート中に「見えにくい」とかけっこうなボリュームで話をして、勝手に席を移動したあげくに、係員さんに空いているA席に移動したいとか言い出したみたいで、ずっと落ち着かない状況に・・・。

いやいや・・・それなら最初からA席買いなさいよ。
空いてるから移るってそれはおかしいでしょ。


別の日の同じホールのコンサートでは、ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番(千秋先輩はミルヒーの指揮で弾いた曲ですね)の冒頭・・・あの静かな最初の一音がまさに・・・というタイミングで、まさかまさかのケータイアラームを鳴らすバカが!!
(これはあえて、バカを呼ばせていただきます・・・。聴いてるだけの私でもムカつきましたから、演奏者の方のお気持ちを思うと・・・プロとはいえよくぞ気持ちを立て直してくださいました)


こういう観客のマナーの悪さを見ると、やっぱり所詮は田舎のホールなんだな・・・と恥ずかしくなります。

みんなもっともっとホールに足を運んで、いろんな舞台を楽しんで、最低限のマナーも身につけましょうよ~っと思うのでした。



nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。