So-net無料ブログ作成
検索選択

「レ・ミゼラブル」 [映画・お芝居・DVD・コンサート]

おととし初めて舞台を観て「次にまたやるときはきっと見ようね」とA嬢と約束した作品。
ものすごいインパクトで、とにかく圧倒されまくりだったのです。

そんな「レ・ミゼ~」2年ぶりに観てまいりました。
しかも2回。
1回は東京で観まくったお友達のおすすめキャスト。
そしてもう1回は大阪の千秋楽!!
(A嬢と予定のあうのがこの日しかなかったのですが、抽選でチケット取れたのです~)
ただでさえ楽しみなのに、より楽しみ。

・・・で、1回目観てみて、ん?ん?ん?
なんか印象が違う・・・?
お友達から、演出同じ人だけど変わってるとこもあるっていうのはきいてたんですが・・・。

まず舞台上が暗め?
それに、けっこう説明的な部分がはしょられてる?(みんなお話を知ってるって前提?)
なんか全体的に淡々とした印象。

確かにそれぞれのみなさんの歌は素晴らしく、胸を打たれたのですが、なんだか余韻が残らないというか、歌のメドレーを聴いている気分。

それに、2年前に観たとき圧倒された、プロジェクションマッピングがあまり使われていない感じ。
飲みこまれるような・・・そこに居合わせたかのような臨場感が感じられない。

うまく言えないのだけど、全体的に品よくまとまってしまってる感じで、エネルギーが伝わってこなかったんですよね。

なんでだろ・・・今回は2年前に観てて、慣れちゃってるとか?と自分の感じ方の違いに戸惑った観劇。

そんな風に少し違和感を感じて、不完全燃焼っぽかった1回目だったので、2回目を前にA嬢に1回目の感想を素直に伝えられなかった私。
そんな風に少し不安に思いながら観た大阪千秋楽。

きた・・・きました!!

1回目とキャストはそれほど変わらないのだけど、大阪の千秋楽で一区切りだからか・・・なんか響いてくるのが違う!!
ジャベールが泥臭い!!
エポニーヌもより切ない。

ラストシーンのあたりから、ずっと泣きっぱなし。
拍手しなきゃだから、涙もふけず鼻水すすりっぱなし。

カーテンコールでは、かなりの人がスタンディングオベーションしてました。

やっぱり舞台は生ものだわ・・・。
と実感したりして。

さて次回あるとしたら、どんな風に仕上がるのでしょう。
次も大阪でやったらもちろん観に行きます。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。