So-net無料ブログ作成

TEC療法5回目 [子宮体がん]

* 5月12日(火) 入院 *

前回の退院のときに3本グランを注射したおかげで、点滴から約2週間の採血で好中球も2000超えでいい感じだったのですが・・・。

薬剤師さんが翌日の薬の説明に来てくれて・・・。

「今回体重が減っていたということで、少しなんですが薬剤の量が減っています」
「・・・体表面積が1.4切っちゃったってことですか?」
「そうですね・・・でも、減ったからと言っても、問題のない量ですから」

Eが70→60 Tが210→200 Cが500→490 になるとのこと。
量が減るのはイヤだけど、仕方ないかぁ・・・。


* 5月13日(水) 投与当日 *

今回も手浴したものの、やっぱり血管はあまり出ないようで、D先生はかなり時間をかけてルートを取るところを探しておられました。

「う~ん。手の甲に入れてもいい?」
「どこでもいいです~」

ってことで、以前入れたことのある左側ではなく右側の血管へ。
今回も、サクっと1回で成功。
D先生は探すのに時間をかけるけど、刺すのはいつも1回。
どんどん使える血管がなくなっていく状況でありがたいことです。


いつものように終わるころに白い巨塔(回診)。

A先生が朝来てくれたとき「前にけぇこさんすごく寝てて、しばらくY先生(エライ先生)も様子見られてたんだけど、起きないね・・・ってなったことがあったから、今日も寝てていいからね」と、私がエライ先生に対して失礼なことをしたという話を聞いたので、今回はがんばって起きていた。

起きてたのに、カーテンのところで
「けぇこさんは、いつも眠いんだよね・・・。寝かせてあげよう」
・・・というy先生の声が・・・。
ううぅ・・・起きてたのに・・・。

点滴はサクサク時間通りに終了。


* 5月14日(木) 投与2日目 *

毎度というか・・・今回もおしっこクリアできず、あっさりあきらめて夕方から点滴。
看護師さんが、腕の外側にこれまた1回でルート取ってくれた。

『おぉ・・・今回も針刺し運あるなぁ』
と思いながら、夕食後同じ日に点滴したお向かいのベッドの人たちとおしゃべり。

ところが・・・少ししんどくなってきたので、通路側に寝転んでうつぶせになっておしゃべりをしていたら、夜の検温に来た看護師さんが「あれ?落ちてない」
「痛くない?」「うん・・・痛くないよ~」と、腕を刺し出すと「え?」と看護師さん絶句。

なんと、無意識のうちに腕を顔の下に敷いていたようで、左手がカンカンに浮腫んでいたのです・・・。

「うわ・・・これはダメだ・・・1回抜くね」
と、抜いたあと浮腫んでいない手の甲に刺すものの、腕が浮腫んじゃってるから入らない。
6回刺してムリ・・・ってことで、足・・・初の膝の横から点滴。

せっかくベストポジションにルート取ってもらったのに、私の不注意ですみません・・・。


* 5月15日(金) 投与3日目 *

朝から倦怠感が強くてダウン・・・。
驚くお向かいのベットの人に「昨日の元気がウソみたいに、こんなになっちゃうのよ」と看護師さんが私に変わって説明してくれた。

やっぱりきたよ・・・来週火曜日まで耐えるのみ。


* 5月16日(土) 投与4日目 *

木曜にシャワーしたものの、上半身や頭だけ汗をかいてスッキリしたかったので「シャワーしたい」とお願いしたもの、前回の入院時のシャワーお騒がせ事件があったため「今日は人も少ない(土日は看護助手さんがお休みだし)から、ごめん・・・月曜まで我慢して・・・。月曜にはみんなで手分けして入ってもらえるようにするから」と却下されてしまった。

でも、忙しい中体を拭いてくれた。
ありがとうございます。

この変な汗。
5回目にして気が付いたけど、いつも3日目ぐらいからかくし、物音にビクっと体が反応したり、ザワザワした感じがあったり・・・自律神経の不調からきてるような。

足にしてもらった点滴は途中で落ちなくなってしまい、手に差し替えようとトライしてもらったら、5回目でようやく入った。


* 5月17日(日) 投与5日目 *

母が来てくれたので、洗面所にイスを移動させてもらって、歯磨きをした。
でも、うがいをしようと上を向いたら頭が、うがいはグラグラしてできなかった。


* 5月18日(月) 投与6日目 *

看護師さんが約束通りシャワーをOKしてくれた。
ただし前科者なので、シャワー室までついてきてもらって、シャワー中も脱衣所で待機してもらい、帰りもついてきてもらうことが条件。

けれど、いざシャワー室に着いても、目を開けているのがおっくうで目を閉じてると「シャワーするの手伝おうか?」と助手さんが言ってくれるので、お言葉に甘えてしまう。

そして、上がってからも「車いすで戻ろうか?」という提案にうなづく。

ところが・・・これがまた騒動に。

ぼぉ~~~と車いすで戻るのを見た他の看護師さんがわらわらと集まってきて、ベッドに抱えて寝かせてもらい、モニターまでついてしまう事態に。

思うように体が動かなくって、つい甘えてしまったのだけど、「こなだも月曜だったよね?」と具合が悪くなったと思われてしまったみたいで、担当の看護師さんが他の看護師さんに責められてしまいました。

ごめんなさい。
申し訳なくって、少し落ち着いてから担当の看護師さんの顔を見たら、泣いてしまった。

自分が思っている以上に体が動かなくなってるようで「前まで入ってたし」と軽く考えて結局迷惑をかけてしまいました。


* 5月19日(火) 投与7日目 *

復活の火曜日。
午後から少しだけ調子が上がってきた。

前日のシャワーの一件でD先生や看護師さんから「次の入院ではシャワーは我慢してもらうかも」と言われてしまう。

まぁ・・・あと1回だしガマンするしかないかぁ。


* 5月20日(水) 投与8日目 *

採血。
お宮参りが控えているため、次回の入院はなんとしても予定通りにしたくて、もし微妙な好中球の数値だったら、事情を話してグランを打ってもらおうか・・・なんて考えていたら、好中球480だった。

翌日退院したいという私に
「今日と明日注射してから退院でいい?」
とA先生。
もちろん異論はありません。

体調的には復活していたのでシャワーしたいところだったけれど、さすがに言い出せずあきらめる。


* 5月21日(木) 投与9日目 *

いつも迎えに来てくれる母が旅行でいないため、注射のあとジリジリしながら精算を待って、タクシー
で帰ったら10時過ぎだった。

早っ!!
お迎えを待たなくていいと思うと、意味もなく少しでも早く帰りたくなってしまった。

看護師さんには「もしものことがあるので、お風呂は家族の人がいるときにしてね」と言われたけれど、帰って速攻シャワーをした。
看護師さんごめんなさい。
これは我慢できなかったです。
なんともなかったので、勢いで洗濯もしちゃいました。


そんなこんなで、いよいよ次回がラストです。
もう終わると思ったら、あっという間だった気がします。
でも、真冬だったのにもうすぐ梅雨ですよ。

どうか予定通りに終わりますように。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。