So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

My Violin [バイオリンのおけいこ]

今年でバイオリンを習い始めて10年になりました。

10年ずっとご好意で貸していただいている楽器を使っていたのですが、あるとき急に自分の楽器が欲しくなり・・・ついに買っちゃいました♪

ここで、どうして私がお借りした楽器を使っていたか・・・ということを少しおさらい(?)

10年前、ずっと習ってみたかったバイオリンを始めることになった私。
数ある楽器の中からバイオリンを選んだ理由のひとつが、サイレント楽器があって家で練習しやすそう・・・というものでした。
そのため、バイオリンを習うことになって用意したのは、なんとサイレントバイオリンのみ。

「そんな風になっているんですね・・・」と戸惑う先生をよそに、サイレントバイオリンのみでレッスンを受ける・・・という、暴挙に出た私・・・。
何も知らない初心者だったとはいえ、今から思えば冷や汗もののレッスンを月2回数ヶ月続けたころでしょうか・・・「あぁ・・・この音はもう限界」と先生がギブアップ。

以前習っておられた大人の方の、古い楽器を貸していただけるようにお手配くださいました。

ホント・・・アンプも用意せず、全く響かない楽器とは言えないサイレント楽器で、黙ってレッスンを受けさせてくださった先生の寛大なお心には感謝しかありません。

お借りした楽器は、以前の生徒さんがバイオリンを始めた大学時代に購入されたセット。
新しい楽器を買ったあと何人かにお貸ししたあとフリーになっていたとかで、私がお借りすることになったのでした。

「きっと、新しくバイオリンが欲しくなると思うので、よければそれまで使ってください」

というありがたいお言葉とともに私のもとにやってきたバイオリン。

少し前まで、新しい楽器が欲しくなるときなど来ず、きっとこのままお借りした楽器をずっと使い続けていくだろうな・・・と思っていました。

ところが・・・いきなりやってきたんです。
数ヶ月前新しい楽器が急に欲しくなったのです。
別にお借りしていた楽器が気に入らなかったわけではないのに。

・・・で、すごーく悩んだんです。

いくらパートで働いているとはいえ、主婦の趣味でそんなに高いものは買えない。
でも、先生にお願いして買うのなら、やはり最低でも数十万円の予算は提示しないと先生に失礼?
(他の方のお値段をそれとなく聞くと、はっきりはおっしゃらないものの、最終的には100万円ぐらいものを買われているようだし)

でも自分だけで楽器屋さんへ行って試奏なんてできるはずもなく・・・。
(試奏してもわかんなし)

そうなるとネット?
ハズしても後悔しないであろう価格で探す?

新品?
中国製ならそれなりのコスパ?

中古?
どんな人が使ってて、どんないきさつで手放したかわからないのは嫌だな。
それに、専門でもないリサイクル業者さんが、他のいろんなものを取引してる中で、楽器というより商品として扱ってるのを買うのは不安だなぁ・・・。

オークションサイトでいくつかチェックしてみるものの、そういう不安もあって入札には至らず・・・という状態が続いていたある日。

見た目が私の好みの楽器をオークションで発見。

出品者の方はバイオリンのみを取引されていて、どうもそれをお仕事にされているわけではなさそう・・・。

かなりお手頃なお値段だったので、入札して様子を見てたのですが、商品ページを見れば見るほど気になって「えーい!!」と衝動的に即決価格で落札していました。

2017-08-17T16:02:31.JPG・・・で、私のもとにやってきたバイオリンがこちら。

届いた数日後、発表会の練習のときに持って行って先生に見ていただいたら「この楽器・・・上手な方使っておられたんじゃないかしら?音がきっちりとハマるわ。失礼だけどおいくらだったの?え?そんなお値段?いい買い物をされたわね」とのこと。

お手伝いに来られていた大学院を出られたばかりの別の先生も「うわ・・・むっちゃいいですね。ハイポジ(ション)がダイナミックさはないですけど、楽に出ますね。(横から先生が値段を言う)え?マジですか?これがですか?えぇ~~~?」とおっしゃってくださいました。

説明に優しい音と書いておられた通り、私が弾いても深い優しい音が出たので少し感動していたのですが、先生方が弾いてくださって楽器が目覚めたのか、先生方から戻ってきてから格段によく鳴るようになった気がします。

オークション取引のやりとりの中で、私が落札したバイオリンは大切な思いのつまった大切なもので、落札というよりも”譲っていただいた”という言葉がぴったりなこと、出品者の方が送ってくださる楽器だけでなく、受け取る側にも愛情を注いでくださるステキな方・・・ということが伝わってきて、本当にステキなご縁をいただけたんだなぁ・・・と感じました。

楽器の見た目や値段だけでなく、たぶん最初で最後になる自分のバイオリン購入がこの楽器でよかったなぁ・・・と心から思います。

2017-08-17T16:02:31.JPGラベルが本当なら、100年以上経つ古い楽器。

これまで使ってこられた方と同じように大切に、そしてステキな音色が奏でられるようにしたな・・・と思っています。

練習します!!


nice!(0)  コメント(0) 

北村陽チェロ・リサイタル [映画・お芝居・DVD・コンサート]

~豊かな感性と技巧、天才少年驚異のチェロ演奏~
・・・というサブタイトルのついたリサイタル。

「行こうと思ってたリサイタルなんだけど、彼が今日コンクールで優勝したのよ。そのうちお声かけしようとのんびり思ってたんだけど、チケット手に入らなくなるかもだからお電話したの」
と興奮気味なバイオリンの先生からお誘いで、チケットの手配をお願いしたリサイタル。

会場は、以前先生もリサイタルをされた、地元のクラシックなホール。
ホールといっても、ステージのない2階まで吹き抜けになった広い応接室のような部屋なので、サロンコンサート・・・って感じです。

今回は入って正面にある暖炉(?)の前にピアノが置かれ、そこを囲むように半円に4列で席が作られていました。

プログラムは

1.エルガー / 愛の挨拶
2.サン=サーンス / 白鳥
3.J.S.バッハ / 無伴奏チェロ組曲第4番より プレリュード、サラバンド、ジーグ
4.パガニーニ / ロッシーニの主題による変奏曲
<休憩>
5.シューマン=リスト / 献呈 (ピアノソロ)
6.ショパン / 英雄ポロネーズ (ピアノソロ)
7.チャイコフスキー / ロココの主題による変奏曲

(アンコール) ショパン / ノクターン第20番

主催の方からの「まだ中学1年生なので、コンサートの時間は短めですが、ご理解願います」というような開演前の挨拶があったり、ピアノのソロの前にピアノの鈴木華重子さんが「みなさん、陽くんの演奏を聴きこられているのに・・・なんですが、主催者の方からの依頼がありまして・・・」とおっしゃっていたので、リサイタルといってもあまり負担にならないように組まれたプログラムなんでしょうね。


さて、演奏・・・。
私は素人なのでよくわからないのですが、音の印象や技術ではまだ未熟なのだろうな・・・と素人なりに感じるところはありました。
(それでも、中学1年生で超絶技巧の曲を弾きこなしているのは、スゴイ・・・しかないです)

けれど、演奏に引き込む力がハンパない。
私は4列目に座っていたので、演奏している姿は全く見えなかったのですが、彼が演奏しているであろう方向から目が離せなかったです。

繊細なハーモニクスの音色や重々しい低音に、いつの間にか息をつめて聴いていたり、早いフレーズが始まると「いっしょに行こう」と誘われてるような気持ちになったり・・・知らない曲が多かったので「次はどんな展開になるんだろう・・・」と少しワクワクしたり。

聴衆を引きつける魅力のある演奏というのは、こんな感じなのかな?と思いました。

「この曲(パガニーニ)はコンクールで弾いた曲なので、コンクールのあったカザフスタンでの話を少しします」と声変わりもしていない声で話始める姿は、ホント近所にいるんじゃない?って感じの普通の中学生1年生なのに・・・すごいギャップです。

今、youtubeにUPされている彼の動画を見ているのですが、どんな曲もいつもホントに楽しそうにうれしそうに弾いていますね。
そんな気持ちが聴く者にストレートに伝わってくるのでしょうね。

2000円の入場料で、ステキな時間を過ごさせていただきました。





nice!(1)  コメント(0) 

乳腺外科7年婦人科2年 [子宮体がん]

乳腺外科は術後7年目、婦人科は化学療法終了後2年目の検診が無事終わりました。

どちらも問題なしなので、乳腺は1年後、婦人科は3ヶ月後です。

これだけ検診で何もなければ、めんどくさいし検診もいらないんじゃないかなぁ・・・なんて不真面目なことを考えてしまいますが、そんな罰当たりなこと言わずにちゃんと受けないとですね。


今回は、婦人科の入院のときに気があって、治療が終わってからもちょこちょこと連絡を取ってた人が、再発してしまって化学療法を受けるために入院しているとのことで、お顔を見せてもらってきました。


私もこの病気に関してはかなりポジティブだと思っているのですが、彼女は私以上にポジティブ。

「いくらでも薬の種類はあるみたいなんで、なんとかなると思ってる」

1年ほど前に腫瘍マーカーの数値が上ったために化学療法を受けたものの、何度も投与を受けている薬だったのに、いきなりアナフィラキシー症状がが出て中断。
そのあと、CTに影が写ってしまった・・・と聞いていたので、正直どんな顔をして会おう・・・と心配していたのですが、気持ちが負けていない様子だったので、ホッとしました。


彼女と談話室で話していると、思いがけず入院のときにすごくお世話になった看護師さんとも会えました。

私「わぁ・・・お久しぶりです。わかりますか?」
看護師さん「もちろん覚えてるよ~」
お見舞いに行ったお友達「だって、お風呂でぶっ倒れてあれだけお騒がせする人ないよね~」
私「え~?2年も前やから、記憶の彼方に行ってたでしょ?」
友達「あんなことそうそうないよね?」
看護師さん「うん、確かにないかな・・・。けど、ホント元気そうですごくうれしいよ~」

あぁぁぁ・・・その節はホントにお騒がせして申し訳ありませんでした。
あのときは「お風呂で具合の悪くなる人は、時々いるから気にしなくてもいいよ」って慰めてくれたけど、あれを言葉通りに受け止めてました。
すみません。


お友達の新しい治療は始まったばかりですが、気持ちだけでなく、ブツにも勝ってください!!と祈るばかりです。
「あなたならきっと勝てるからね」
そう信じてます。




nice!(0)  コメント(0) 

花瓶のガーベラ [ひとりごと]

2017-06-09T11:29:43.JPG最近、仏さまのお花を買いに行ったっときに、いっしょに一輪挿し用の切花を買ってます。

「何かおすすめありますか?」
「ガーベラはどう?」
「けど、ガーベラ持たないからなぁ・・・」
「ガーベラはお水を少しにして、水を換えるときに少し切ると、けっこう持つよ」

・・・ということで、ガーベラ購入です。
1本50円なり。
(お買い得♪)
長く楽しめたらいいな。



nice!(0)  コメント(0) 

リンパ浮腫外来 着圧を下げたストッキングを使ってみる [子宮体がん]

リンパ浮腫外来でお世話になって、弾性ストッキングを履くようになって1年ちょっと。

選んだ”メディコンフォート”と相性がよかったようで、履いているうちに浮腫もすっかり解消されて、1日2日なら弾性ストッキングを履かなくてもほとんど浮腫まないようになりました。

ただ、春にベージュを秋にブラックを2足ずつ購入して履いていたのですが、先に買ったベージュのひざが抜けてきたり、ブラックはどこかでひっかけてしまったのか、小さな穴を空けてしまったりしたので、それぞれ1足ずつ購入しようかなぁ・・・けど、夏場の弾性ストッキングを履いての通勤はかなりキツイから、圧力クラスを下げられるならそちらを優先したいなぁ・・・どうしようかなぁ・・・と悩みつつ、とりあえずリンパ浮腫外来を予約。

担当の看護師さんに相談すると「これだけ症状が落ち着いてるなら、着圧クラスを落としたものと、むくみ具合で使い分けしてみてもいいかも」とのお返事が。

ところが、さっそくメディコンフォートの着圧クラス1(24~28hPa)のものを見せてもらうと・・・思っていたよりも生地が分厚い?
今履いているクラス2(31~43hPa)とそんなに変わらない印象。

「あんまり変わらない感じですよね・・・」とつぶやくと「普通のストッキングみたいなの想像してた?特殊な編み機を使ってるから、透け感とかはないよねぇ・・・」と看護師さん。

値段も定価で数千円しか変わらないので、結局当初の予定通りクラス2のベージュとブラックを購入することにしました。

そこで、看護師さんから「最近市販のストッキングで、着圧の高めの商品が出てるみたいだから、試しに使ってみるのはアリかも」との情報が。

2017-06-04T12:16:50.JPGそれが”スリムウォーク メディカルリンパストッキング”

足首の着圧が18~24hPaということで、使っているメディコンフォートより若干低めかな?という感じですが、近所のドラッグストアで1600円ほどで売っていたのでさっそく購入。

履いてみると、硬め素材の普通のストッキングって感じで、夜の浮腫も気にならなかったので、使用感満足。

それにお安い。
健保から補助があるにしても、弾性ストッキングだと8000円ぐらいしちゃうので、4分の1のお値段は助かります。
今年の夏はこれで乗り切れたらいいなぁ・・・。


さて最後になりましたが・・・今回、ブログの記事にするにあたってそれぞれの着圧を確認すると

メディコンフォートの着圧の表示「18~21mmHg(2.4~2.8kPa)」
スリムウォークの着圧の表示「18~24hPa」

・・・と、着圧の単位がいろいろあって「?」となったのでネット検索してみました。

1000hPa=約750mmHg
1hPa(ヘクトパスカル)=100Pa(パスカル)
1kPa(キロパスカル)=1000Pa

らしいです。

なので、18mmHg=2.4kPa=24hPaって感じみたいですね。

(「mmHgは、水銀柱に換算した圧力の単位です」
・・・と詳しく解説してくれているページもありましたが、私の脳みそでは読んでもちんぷんかんぷんんでした)



nice!(0)  コメント(0) 

2017ベルギービールウィークエンド大阪 [おでかけ]

2017bbwo.jpg今年も行ってきたました~。
大阪は例年6月はじめに開催されているのですが、今年は5月の24日~28日まで。

会場の”新梅田シティワンダスクエア”は、ビル風がけっこう強くて、ステージ前がいっぱいだと滝の前に陣取ってから「やっぱり風が寒い・・・」と、ステージ前が空いてくるころに移動したりするんですが、今年はステージ前でいても風が寒かった!!

リピーターばかりなので、みなけっこう服装には気をつけていた(短いスカート、半袖はNGなど・・・)のですが、それでも寒くて早めに会場をあとにしました。
(テーブル席ができてたり、移動の追加コイン販売があったり、会場は進化してたんですが、ステージ前にいても寒さにはかなわなかったです・・・)

ビールは以前に比べると「これ初めて~」というビールも増えたし、樽生タイプも多くなりましたね。

今年は、リーフマンス・イエロー(トロピカルフルーツとリンゴ)と、シャポーエキゾチックのパイナップルを飲みたかったのですが、パイナップルの方見つけられずに終わってしまいました。

どうやらランダムに登場するビールだったようで、サイトのビール説明のページで下見をしたときに、パイナップルに”Boutique”のスタンプがついてたのですが、それがなんのマークなのかわからないまま、会場でもらったリーフレットを家でじっくり読んでようやく見つけられなかった理由がわかったという・・・残念。

会場は屋外なので夜は薄暗いし、リーフレットあまりちゃんと読めないんですよね・・・。

食事も、ひとつのお店の設備に不具合があったとかで、食べたかったメニューが食べられず・・・。
今年はアイスもあったのですが、寒さゆえに食べる気になれず。

私的には、いろいろとちょっと盛り上がりに欠けてしまって、残念な感じでした。

けど、リーフマンス・イエローも、リンデマンスのアップルもおいしかったし、まだまだベルギービール・・・特にフルーツビールをいろいろ飲めるお店は少ないので、来年も楽しみたいと思います♪

これから開催される都市のみなさま、どうぞ楽しんでくださいね。


nice!(0)  コメント(0) 

「美女と野獣」吹替版 [映画・お芝居・DVD・コンサート]

ミュージカルでも活躍されているみなさんがキャスティングされていて、気になっていた吹替版を見てきました。

日本語で見るのもいいですね。
けど・・・日本語の歌詞は、私そんなに見てないのに四季版が刷り込まれてしまっていて、頭の中で流れる歌と聞こえる歌詞だったり、アレンジが違う・・・なんてことに。

私はアニメ版を見てないのでなんとも言えませんが、人それぞれ好きな訳があったりするんでしょうね。

訳といえば少し驚いたのが「夜襲の歌」の中で、ル・フウがつぶやくような歌詞。
字幕版を見たときには気がつかなったのですが、今回の吹替版で「あれ?今のル・フウの本音?」と、実写版ではある意味イイ奴として描かれているル・フウならではの歌詞に、ドキッとさせられました。

さて、みなさんの歌の印象ですが、ル・フウはガストンと歌うことが多いので、藤井さんは少し吉原さんに負けちゃってるな・・・って感じがしました。
(吉原さんの歌声聞きながら「レ・ミゼ♪」と思い出してたんですが、今年の公演で取れた公演は、吉原さんジャンもジャベールもやってない回でした・・・ガ~~~ン)

あと、「題名のない音楽会」で「ひそかな夢」を聴いたときに、少し声が高くて軽い?と感じた山崎さん。
映画では、たぶん加工してるんだろうなぁ・・・と感じるほど、かなり低くなっていて、見てるときはそれほど違和感は感じなかったのですが、あとから「ひそかな夢」をダン・スティーヴンスさんのものと聴き比べると、明らかに”甘い”歌声・・・。

山崎さんはやっぱり純正の王子役がぴったりなんじゃないかなぁ・・・。
まぁ、歌はお上手だしいいんですが。

それにしても、「みそかな夢」のあのシーン。
ベルを目で追って、塔を上っていくビーストは、やっぱり切なかったです。

あぁ・・・DVD出たら買っちゃうかもです。
あと1回ぐらいは見たいなぁ・・・。


nice!(0)  コメント(0) 

京都ぶらり [おでかけ]

「美女と野獣」で京都へ行ったのですが、夜の公演だったので、観劇前にお昼ごろから京都をぶらり・・・。

まずは、京都伊勢丹でやってた「パンフェス」でおいしそうなパンをいろいろ購入。
日替わりのパン屋さんが、和歌山のパン屋さんだったので「大阪に住んでる私たちが、京都で和歌山のパン買う・・・」なんて笑いながら、日替わりのパン屋さんのパンを中心にハード系のパンをいろいろGET。

2017-05-14T16:02:53.JPG2017-05-14T16:02:53.JPG2017-05-14T16:02:53.JPGちょうど京都伊勢丹では、映画公開記念ということで「美女と野獣の世界展」が開催されていました。

左から・・・ベルのドレス、ルミエール、コグスワース。

私たちは全部見られませんでしたが、これら展示以外にも、いろいろな売り場にまたがってアイテムやグッズの販売があったようです。

2017-05-14T15:12:00.JPG京都タワー下の「クロッシュ」で”京あめ”を買ったあと、「茶の菓」で”生茶の菓アイスバー”をイートイン。
私、抹茶が甘い・・・のがイヤで抹茶のお菓子は好きでないのですが、ここのお菓子はお茶本来の甘さを感じることができるので、おいしくいただけます。
抹茶のソースもすっきりした甘味で、食べたあとも口の中にクドさが残りません。

お昼をサクっといただいたあとは、京都駅から徒歩で15分ほどの「京都水族館」へ。
2017-05-14T15:12:00.JPG京都の海をメインに展示しているお魚たちは「美ら海水族館」で色鮮やかなお魚を見てしまった目には、地味で少し物足りない感じがありましたが、水槽を気持ちよさそうに泳ぐアシカやペンギンは、ずっと見ていられると思うほど。

特に水槽の中を自由に泳ぎ回るペンギンは「海の中で飛んでる~~~」
空は飛べないけど海は飛べるんだね・・・。
顔を間近で見て「ペンギンって鳥なんだなぁ・・・」と実感しました。

2017-05-14T15:12:00.JPG水族館から京都駅に戻って、京都駅ビル内の「京都茶寮」にて、薄茶と生菓子のセットでお茶時間。

5種類の5月のお菓子(いろんなお店のお菓子があります)の中から、『笹屋伊織』の”.山法師(やまぼうし)”をチョイスしました。

食事は、下調べしてなかったのと時間帯もあって、京都らしい・・・のは食べられなかったので、デザートで京都満喫してきました。

ごちそうさまでした。


nice!(1)  コメント(0) 

「美女と野獣」劇団四季 [映画・お芝居・DVD・コンサート]

いつまで経っても(?)大阪に来ないので、京都劇場で観てきました。

東京で観て以来「アラジン」を観るまで、ず~~~っと自分の中でダントツで一番好きな作品で、いろんな人に「観て!!」とおすすめしていた作品でした。

久しぶりに四季の「美女と野獣」を観て思ったのは「アラジン」の圧倒的なショーエンターティメントと違って、ベルとビーストの恋愛ストーリーも描きつつ、ショーがたくさん散りばめられていて、とてもバランスがいい・・・作品だなぁ・・・といこと。

「アラジン」はとにかく圧倒されっぱなしって感じだったのですが、「美女と野獣」はベルとビーストが少しずつ心を通わせていくストーリーと、見ごたえのあるショーの部分がうまくミックスされているので、じんわり心に届くような感じがします。

歌もダンスも本当に素晴らしかったです。

しばらく「アラジン」が1番になっていましたが、改めて「美女と野獣」が1番になりました。

ちょうど映画を観て日が浅く、印象が強く残っている中で観たので、なんとなく映画と比較しながら見てしまっていたのですが、若干ストーリーが前後していたりして、それぞれの表現にふさわしい演出になっているんだなぁ・・・なんて感心しながら観ていました。

映画では歌われなかった「人間に戻れたら」は、明るい歌なんだけどなんだか心にしみます。

日頃忘れている「当たり前」のことって、失われて気がつくんですよね。

♪だいじにして、生きよう~♪

忘れがちだけど、いろんなことを大事にして生きなきゃって思います。

京都劇場で21日まで・・・。
満員の客席からの拍手に、本当に何度も何度もカーテンコールに応じてくださったキャストのみなさんでした。

さて、次はどこで公演されるんでしょう?
キャッツの次に、大阪に来て欲しいなぁ・・・。




nice!(0)  コメント(0) 

GWも終わり・・・ [ひとりごと]

私は今年のGW5連休だったので、4日間だったお正月休みより長かったです。
しかも、お正月休みは年末の雑用もあって休んだ気がしないのですが、GWはホント気ままに過ごせるのでうれしいです。

今年のGWにやりたかったこと。
それは、下2人の子供の部屋と納戸の片付け!!

そして、だんなが書斎?として使っている部屋(納戸)を、長男が使っていた部屋に引っ越して、納戸を納戸として使うこと。

長男が独立して、部屋を空っぽにしたはずなのに、だんだん長男の部屋が物置部屋になってきたんですよね・・・。

もともと家を建てた時に、子供が巣立ったらだんなが子供部屋を使うように・・・と、納戸を書斎仕様にしてだんなが使うようにしてたんで、ようやく本来の使い方になったということ。

・・・で、GW前半の土日にだんなの部屋の引越ししたんですが、狭い2畳ほどのスペースによくこれだけの物が入ってたなぁ・・・とビックリするほどたくさんのモノもの物・・・が出てきまして、とてもじゃないけど1日で完全に引っ越すことなど不可能な状態。

出るわ出るわ・・・「なんでこんなもの置いてるんだろ?」なもの。
とりあえず置けるところがあると、なんでもかんでも入れちゃうんですよね・・・。

そんなこんなで大量のモノたちと格闘しつつ、子供たちの部屋もどうにかこうにか片付け終了。


2017-05-07T12:43:35.JPG納戸に捨てないといけない不用品や、廃品回収に出すダンボールとかが山積みではありますが、気になってた”しがみそう”になってた八朔もジャムにしたし、GWに絶対やりたかったことは、ほぼ終わることができました~。

ピーターのグッズコーナーも、100均で買ったディスプレイラックで、整理してみました。
(ジャムの瓶をおしゃれに写真に撮りたかったのでいっしょに並べてみましたが、おしゃれな写真には程遠く、自分のセンスのなさに唖然です)

毎日、やりたいときにやりたいことができたら楽しいだろうなぁ・・・と思いつつ、そうなったらきっと片付けなんかしたくないんだろうなぁ・・・とも感じた5連休でした。


nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -